住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

10月 | 2016 | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんにちは、アツシです。

 

僕の勤めている会社には、毎回ネガティブ発言をする同僚がいます。

何かを依頼されると、

「私なんかには出来ません」

と、決まって言うのです。

 

僕はその言葉を聞くたびに、いつも、もったいないと思うのです。

だって、自分の可能性を広げるチャンスだし、

自分の気づいていなかった能力を知ることができるかもしれないし、

何より、周りの人たちに自分の価値を認めてもらう絶好の機会だと

思うからです。

 

なぜ、同僚はそういった前向きでない言葉を口にするのでしょう。

 

周りを気にしすぎて、上手くいかなかったときの批判を恐れている

からでしょうか?

変化を受け入れることで、自分のボロが出てしまったとき、

恥ずかしいからでしょうか?

周りに迷惑をかけてしまった、あるいは、上司から責をうけた

ことをいつまでも引きずっているからでしょうか?

何かあったら笑いものにされると思っているからでしょうか?

 

でも、そんなことは本人が思っている以上に、周りの人たちは

全く気にしていないと思うのです。

 

現に僕も、失敗したからといって批判的になったり、

陰口を言ったりしませんし、むしろ、次のチャレンジに向けた

アドバイスとかエールを贈ったりします。

 

それどころか、断り続けると、相手から声を掛けてもらえなく

なってしまう。

つまり、信用されなくなって、取り返しのつかない最悪の状態

になってしまうと思うのです。

なので、自信をもって自分をアピールしていく、チャレンジする

勇気が大切だと思います。

 

まずは小さなことから徐々に広げていって、自信をつけていけば

いいですよね。

やがてそれが大きな自信に成長していってくれます。

 

例えば、僕の会社では、節目(新年会、創立記念日など)の時には全社をあげてイベントを行います。

その時に、従業員を代表した挨拶を頼まれることがあるのです。

初回はすごくイヤでしたよ。

だって、緊張して、頭が真っ白になって、口が震えて、しまいには、何をしゃべったのか記憶にはっきりしていない。

笑われるんじゃないかと、、、

 

でもそんなことは、気にしちゃいけないのです。

いつまでも気になっているのは本人だけで、1週間も経てば誰も覚えていないものです。

僕はそんな場数を踏んできたので、結構、メンタルが強くなって

きたと思っています。

 

話は戻りますが、

こういったことは職場だけではないと思うんです。

家庭、友人関係、、、すべてが自信と関係しています。

とにかく、自分の能力や価値を相手に伝えること、そして、相手の信用を勝ち取るってすごく大切です。

 

ネガティブシンキングよりもポジティブシンキングです!

 

では、また。

 


テーマ:マインド

こんにちは、アツシです。

 

寒くなりましたね。

この前、夕飯で味噌汁を口にしたとき、いつもの味とは違うと

感じたのです。

 

ここだけの話、お世辞にも僕の妻のつくる味噌汁は美味いとは

いいがたいのですが、直観的に何か入れたな!?って思ったのです。

 

いつもよりうま味があるっていう感じで、正直おいしかったです。

なので妻に聞いてみたら、友人から京都のお土産で、ダシパックをもらったとのことでした。

 

ちょっと出汁についてググってみました、、、

 

“出汁の元となるのは、大きく3つあり、かつお節や煮干しから出るイノシン酸、昆布から出るグルタミン酸、そして、乾シイタケから出るグアニル酸”

 

“この3つのうま味の相乗効果が「おいしさ」を作り出す”

 

それぞれの原料から抽出するそれぞれのうま味成分

その成分の配合比を変えることで、

様々な料理に合った出汁をつくることができるのですね。

 

実は、ビジネスでも同じようなことが言えると思うのです。

 

例えば僕の勤めている会社でも、原則、チーム制で動いています。

かつお節や昆布といった原料は“人”そのもの

そして、イノシン酸やグルタミン酸といったうま味成分は

その人の“強み”だと思うんです。

 

強みの相乗効果をいかに発揮させることができるかで、

仕事の成果に差が出るんじゃないでしょうか。

 

でも、もっとも重要なことは、その配合比を決める司令塔の

役割を果たすリーダーだと思います。

リーダーって大変な役割ですよね。

だって、部下の能力を理解して、適切なポジションを考えなければ

成果は出せないわけですから、、、

 

さらに、家庭でも同じですね。

妻と子供の性格とか考え方が理解できていないと

空中分解して大変なことになっちゃいます。

 

また、僕がやっているネットビジネスもある意味同じ。

だって、一人作業が多いので、自分自身の強み弱み、得意、不得意

が分かっていないと、全てを一人でやろうと勘違いして失敗することがあるからです。

 

作業をアウトソーシングする場合も同じ。

アウトソース先の能力を理解していないと、しっぺ返しをくらうことになるかもしれません。

 

 

なので、ビジネス仲間、友人、家族、そして、自分自身の“うま味”

というものを理解することは、生活やビジネスを成功させるためにはとても大切なことと思うのです。

 

ところで、あなたの”うま味”は何ですか?

まずはそこから見つめ直してみましょう。

(上から目線で申し訳ありません)

 

それでは、また。

 

 

 


テーマ:マインド

こんにちは、アツシです。

 

最近、思うことがあります。

 

こうやってブログを書いていると過去のことを思い出すのです。

 

それは、、、

 

なかなか一歩前に踏み出すことが出来なかった自分のこと。

 

将来が不安だ、経済的なゆとりが欲しい

子供には好きなことをやらせてあげたい

妻にはもっと楽をさせたい、、、

 

と、思うだけで、

 

マーケティングの本を読み、Youtubeで情報を探して自己満足。

 

今より生活レベルを上げるには自ら実行、実践して稼いで

いかなければならないことは知っていたんですが、、、

 

でも、いつかチャンスが自然と転がってくるようなことを

期待していたのでした。

 

恥ずかしい話ですが、今になって考えると、

そんなことってありえないですよね。

 

だって、成功は自らつかみに行くものだから、、、

 

 

僕がネットビジネスを始めるために“あること”を克服して

自信が持てるようになった経緯をお話しさせてください。

 

正直、僕は2年前までコンピュータというものにはトラウマ

があったのです。

 

パソコンでEXCELといった表計算はできるのですが、

マクロを組んだり、ましてや、ACCESSなんて意味不明、、、

といった感じです。

 

初めての〇〇、とか、△△入門といった書籍でさえ、

僕は拒絶反応を示したのです。

 

なぜって、大学の授業で、プログラミングの単位を落としたから。

それ以来、そういったプログラミング関係は、僕には出来ない、

と決めつけていたのです。

 

なので、会社でどうしてもEXCELでマクロを組まなければ

ならない時は同僚にお願いするんです。

 

だから、いつまで経ってもできないのです。

 

 

ある日、そんな自分に嫌気がさして、ブログをやってみようと

一念発起したのです。

 

パソコン1台あればいいし

失うものは何もないし

お金もそんなにかからないし

失敗したとしてもいいじゃないか!

 

僕が選んだのは、アメブロのような出来合いのものではなく

 

ワードプレスでした。

 

どうせやるなら、高い目標を持とう!

 

プログラミングに疎い僕にとっては、登山経験のない素人が

いきなり富士山登山に挑戦するようなものでした。

 

必死に勉強しました。

 

初めてのワードプレス入門書を一から読みました

Google先生にもたくさん教えてもらいました

会員登録して無料のガイドブックも集めました

 

そんなことが奏功して、何とかワードプレスでブログページを

立ち上げることができたのです。

 

作業は土日にかかりっきり、平日は会社から帰宅して毎日深夜、

睡眠時間を削りました。

 

正直、毎日がストレスで、当初の失敗してもいいや、という感情は

どこかに行ってしまって、ある意味、執念でやっていましたね。

 

確か、1カ月で出来上がったと記憶しています。

 

でも、せっかく作ったこのブログページも3カ月で終わったのです。

 

言い訳をするつもりはありませんが、

ブログページを作るという目標が達成できたことによる

いわゆる、燃え尽き症候群に陥ってしまったのです。

 

実は、ページを立ち上げた後のことは真剣に考えていなかった

からです。

 

 

でも僕は後悔していません。

 

なぜならこの経験を通じて得たことがあるからです。

 

それは、、、

 

このブログタイトルに書いた通り、小さな経験を積み重ねることで、

ブログページの制作に自信が持てたこと

 

目標を持ち、計画を立てることの大切さを知ったこと

 

そして、これがあって、今の自分があること

 

です。

 

 

今の生活を変えたい、人生を変えたいと思っているならば

とにかく現状に縛られずに一歩を踏み出すことが大事です。

 

何でもいいと思います。とにかく一歩でも動くこと。

 

その一歩の小さな成功体験を積み重ねることが非常に重要だって

ことがあなたに伝わってくれたならうれしいです。

 

僕ももっと成功体験を積んで、あなたに喜んでもらえる情報を

発信していきたいと思っています。

 

それでは、また。

 

 

 


テーマ:マインド

こんにちは、アツシです。

 

この前、家族と都心に出かけたついでに

池袋の西武百貨店に立ち寄りました。

 

5Fのメンズフロアを横切っていたとき

いろんなブランドの服、靴、スーツ、カバンとかが

目に入ってきました。

 

このブランドのスーツは品があるな

ワイシャツのボタンを2つほど外して

イタリア製の茶色の革靴を履けば最高

なもんで、女性にカッコイイって言われて

モテる男になれるに違いない!

 

なんて、ニヤニヤしていた僕。

 

もちろん、何も買わずにスルーしました。

だって、あまり興味がないので、、、

 

これって、男性なら誰でもこう思うのではないでしょうか。

 

イカシタ格好して、高級車に乗って、青山とか六本木で

イイ女性と遊ぶ、、、

 

まぁ、確かに僕が社会人になったころは、男性なら誰でも憧れる

夢のような話を妄想したものです。

 

でも、僕には経済的なゆとりが全くなかったので、、、

 

 

このブログを読んでくださっているあなたなら、

僕のプロフィールはご存知だと思います。

 

若いころはお金にとても苦労したということを、、、

 

 

冒頭の件名の話に戻ります。

 

僕にとっての男前とは、

 

顔がイイ

見た目で女性を引き付ける

きっぷがイイ

おしゃれ

いい匂いがする

女性にモテル

 

といったことではありません。

 

やはり、「我が行く道に向かって努力」していることこそが

モテる男だと思っています。

 

イイ男は外見がイイ男にすぎず、

そのうちに女性から見限られて総スカンをくらうものだと

思うんです。

 

でも外見ではなく、中身に一本筋の通った男はどうでしょう。

 

夢や理想に向かって実直に、がむしゃらに取り組んでいる

中身のしっかりした男です。

 

僕はそんな人間になりたいと思っているのです。

 

 

ところで、人の第一印象は外見で決まるとも言われています。

それも、会った初めの5秒程度だそうです。

 

ビジネス相手として、結婚相手として、交際相手として、

友人として、、、

 

そのためには、服装、表情、態度、話し方、話す内容・・・

色んなことに気を配らなければならないようです。

 

でも僕は、一瞬の見た目にさらに余計な気を使うのではなく

(もちろん、標準的なことには気を配りますが、、、)、

自分の中身に磨きをかけていきたいと考えているのです。

 

僕の目標はネットビジネスで成功すること。

 

もっと男前にならなくては!

 

では、また。

 


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

これから寒くなる季節です。

そして、布団から出ることが億劫になります。

 

でも、どっちかといえば、僕は寒い季節の方が好きです。

夏は暑くて頭がぼーっとして、頭が働かないんです。

 

冬は寒いけど、手足が冷たくなるけど、逆にこっちのほうが

全身に気合が入るって感覚なのです。

 

なので、暑さより寒さ。

でも、決して寒い国に住みたいと言っているのではありません。

 

 

では本題に入りたいと思います。

 

僕は朝、通勤途中に駅そばのスーパーに立ち寄ることがあります。

会社でちょい食べる飴とか、ガムとか、プチお菓子を買うためです。

 

買い物かごを持ってレジに行くのですが、

僕は必ず“ある”ことをするのです。

 

“ある”ことって何だと思いますか?

 

それは、、、

 

レジを選ぶのです。

朝から動いている2つのうちの1つのレジを選ぶのです。

 

これは、、、

 

片方がお菓子売り場に近いからではありません

片方がICカードが使えるからではありません

片方がレジ打ちが早くイライラしなくて済むからでもありません

 

なぜなら、、、

 

レジを打っているHさんが素敵だからです。

素敵って異性を変な目でみることじゃありませんよ。

 

種明かしすると、、、

 

このHさん、一般的なスタッフが言う定番のあいさつ

 

いらっしゃいませ

○○円です

おつりは△△円です

ありがとうございました

 

ではないんです!

 

実は、

 

いらっしゃいませ、おはようございます

○○円です

おつりは△△円です

今日も一日頑張ってくださいね。

ありがとうございました、いってらっしゃいませ

 

といった感じです。

 

印象が全く違いますよね。

 

多分、この挨拶はマニュアル化されたものではなく、

Hさんのオリジナルな挨拶だと思うんです。

 

このように、気の利いた挨拶を言われないよりも、

言われた方がイイっていうことではありません。

また、スタッフはお客に礼を尽くすのは当然だと

思っているのでもありません。

 

僕は、こういったことがコミュケーションの第一歩だと思うんです。

 

コミュニケーションって、最終的には双方向のやり取りですが、

まず、相手を気遣って、こっちから声をかける、

そういったことが出発点だと実感するのです。

 

でも、こんな簡単に思えることが僕にはできないってことが

あります。

反省しなくちゃと思うこともたくさんあります。

 

例えば、

会社から家に帰ってくると、食事とお風呂を済ませたらすぐにパソコンに向かう僕。

 

ネットビジネスが忙しいから、、、と、

 

妻と子供とロクな会話もしないってこともよくあるのです。

分かってはいるんです。

でも、出来ていない、、、

 

本当にスマナイと思うことがありますね。

 

 

ところで、

職場、家庭、友人関係、、、色々なシーンでこういったコミュニケーションって大切ですよね。

 

職場とか家族は日ごろ会う機会がありますが、中でも友人ってなかなか会う機会が持てません。

 

でも、今の時代はSNSがあります。

つながってさえすれば、いつでも友人と会話できますね。

本当に便利だと思います。

 

 

僕はこれからも、Hさんのレジに並びます。

そして、初めは勇気が必要でしたが、最後に「行ってきます!」

と言えるようになりました。

 

コミュニケーションは恥ずかしがっていてはいけないと思うのです。

 

よりよい人間関係のためにも、自分から率先します!

 

では、また。