住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

ファンになること | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

これから寒くなる季節です。

そして、布団から出ることが億劫になります。

 

でも、どっちかといえば、僕は寒い季節の方が好きです。

夏は暑くて頭がぼーっとして、頭が働かないんです。

 

冬は寒いけど、手足が冷たくなるけど、逆にこっちのほうが

全身に気合が入るって感覚なのです。

 

なので、暑さより寒さ。

でも、決して寒い国に住みたいと言っているのではありません。

 

 

では本題に入りたいと思います。

 

僕は朝、通勤途中に駅そばのスーパーに立ち寄ることがあります。

会社でちょい食べる飴とか、ガムとか、プチお菓子を買うためです。

 

買い物かごを持ってレジに行くのですが、

僕は必ず“ある”ことをするのです。

 

“ある”ことって何だと思いますか?

 

それは、、、

 

レジを選ぶのです。

朝から動いている2つのうちの1つのレジを選ぶのです。

 

これは、、、

 

片方がお菓子売り場に近いからではありません

片方がICカードが使えるからではありません

片方がレジ打ちが早くイライラしなくて済むからでもありません

 

なぜなら、、、

 

レジを打っているHさんが素敵だからです。

素敵って異性を変な目でみることじゃありませんよ。

 

種明かしすると、、、

 

このHさん、一般的なスタッフが言う定番のあいさつ

 

いらっしゃいませ

○○円です

おつりは△△円です

ありがとうございました

 

ではないんです!

 

実は、

 

いらっしゃいませ、おはようございます

○○円です

おつりは△△円です

今日も一日頑張ってくださいね。

ありがとうございました、いってらっしゃいませ

 

といった感じです。

 

印象が全く違いますよね。

 

多分、この挨拶はマニュアル化されたものではなく、

Hさんのオリジナルな挨拶だと思うんです。

 

このように、気の利いた挨拶を言われないよりも、

言われた方がイイっていうことではありません。

また、スタッフはお客に礼を尽くすのは当然だと

思っているのでもありません。

 

僕は、こういったことがコミュケーションの第一歩だと思うんです。

 

コミュニケーションって、最終的には双方向のやり取りですが、

まず、相手を気遣って、こっちから声をかける、

そういったことが出発点だと実感するのです。

 

でも、こんな簡単に思えることが僕にはできないってことが

あります。

反省しなくちゃと思うこともたくさんあります。

 

例えば、

会社から家に帰ってくると、食事とお風呂を済ませたらすぐにパソコンに向かう僕。

 

ネットビジネスが忙しいから、、、と、

 

妻と子供とロクな会話もしないってこともよくあるのです。

分かってはいるんです。

でも、出来ていない、、、

 

本当にスマナイと思うことがありますね。

 

 

ところで、

職場、家庭、友人関係、、、色々なシーンでこういったコミュニケーションって大切ですよね。

 

職場とか家族は日ごろ会う機会がありますが、中でも友人ってなかなか会う機会が持てません。

 

でも、今の時代はSNSがあります。

つながってさえすれば、いつでも友人と会話できますね。

本当に便利だと思います。

 

 

僕はこれからも、Hさんのレジに並びます。

そして、初めは勇気が必要でしたが、最後に「行ってきます!」

と言えるようになりました。

 

コミュニケーションは恥ずかしがっていてはいけないと思うのです。

 

よりよい人間関係のためにも、自分から率先します!

 

では、また。