住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

自分に自信を持とう! | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんにちは、アツシです。

 

僕の勤めている会社には、毎回ネガティブ発言をする同僚がいます。

何かを依頼されると、

「私なんかには出来ません」

と、決まって言うのです。

 

僕はその言葉を聞くたびに、いつも、もったいないと思うのです。

だって、自分の可能性を広げるチャンスだし、

自分の気づいていなかった能力を知ることができるかもしれないし、

何より、周りの人たちに自分の価値を認めてもらう絶好の機会だと

思うからです。

 

なぜ、同僚はそういった前向きでない言葉を口にするのでしょう。

 

周りを気にしすぎて、上手くいかなかったときの批判を恐れている

からでしょうか?

変化を受け入れることで、自分のボロが出てしまったとき、

恥ずかしいからでしょうか?

周りに迷惑をかけてしまった、あるいは、上司から責をうけた

ことをいつまでも引きずっているからでしょうか?

何かあったら笑いものにされると思っているからでしょうか?

 

でも、そんなことは本人が思っている以上に、周りの人たちは

全く気にしていないと思うのです。

 

現に僕も、失敗したからといって批判的になったり、

陰口を言ったりしませんし、むしろ、次のチャレンジに向けた

アドバイスとかエールを贈ったりします。

 

それどころか、断り続けると、相手から声を掛けてもらえなく

なってしまう。

つまり、信用されなくなって、取り返しのつかない最悪の状態

になってしまうと思うのです。

なので、自信をもって自分をアピールしていく、チャレンジする

勇気が大切だと思います。

 

まずは小さなことから徐々に広げていって、自信をつけていけば

いいですよね。

やがてそれが大きな自信に成長していってくれます。

 

例えば、僕の会社では、節目(新年会、創立記念日など)の時には全社をあげてイベントを行います。

その時に、従業員を代表した挨拶を頼まれることがあるのです。

初回はすごくイヤでしたよ。

だって、緊張して、頭が真っ白になって、口が震えて、しまいには、何をしゃべったのか記憶にはっきりしていない。

笑われるんじゃないかと、、、

 

でもそんなことは、気にしちゃいけないのです。

いつまでも気になっているのは本人だけで、1週間も経てば誰も覚えていないものです。

僕はそんな場数を踏んできたので、結構、メンタルが強くなって

きたと思っています。

 

話は戻りますが、

こういったことは職場だけではないと思うんです。

家庭、友人関係、、、すべてが自信と関係しています。

とにかく、自分の能力や価値を相手に伝えること、そして、相手の信用を勝ち取るってすごく大切です。

 

ネガティブシンキングよりもポジティブシンキングです!

 

では、また。