住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

今どきの大学生は一体、、、 | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

読売新聞にこんな記事が載っていました。

 

「物欲のない若者 10万円もらったどうする?」

 

ものが溢れているこの時代、若者の消費欲を調査したものです。

若いと言っても大学生。

こんな答えが返ってきたのです。

 

マックブックエアー

船舶免許の取得

アニメグッズ

パチンコ・スロット

貯蓄

生活費の足し

etc。。。。

 

消費、娯楽、貯蓄、、、といったことを考えているのですね。

僕も学生の頃は同じようなことを考えたかもしれません。

 

バイトに明け暮れ、隙間時間で勉強していました。

親からの小遣いはなし、自分で生計を立てなければならなかった。

なので、僕も10万円の使い道を聞かれれば

きっと、服とか物とかデート代って答えていたと思うんです。

 

僕の今の成功、失敗、幸せ、不幸は

過去の歩んできたことを振り返り、教訓としてきたから。

 

「あのとき、〇〇しておけばよかった」

「あのとき、〇〇したおかげだ」

 

こういったことを学ぶことで人生って成り立っているんだと、、、

 

 

ところで、先の学生たちの答えの中で気になることがあるのです。

 

それは、、、

 

今をもっと良くすること

将来を考えること

未来に憧れること

 

つまり、

 

夢や希望を叶える

自分を奮い立たせる

現状では満足しない

 

といったことを現実化させるための

「自己投資という思考」

が聞けなかったということです。

 

学生にとって10万円って結構な金額です。

なので、ちょっと贅沢、普段なかなか手に入れられない

物が欲しくなるって当然だと思います。

 

でも、繰り返しになりますが

自分が成長するための投資、若いうちにしかできない投資って

すごく大切だと思うんです。

 

こういった思考にたどり着けないのは

育ってきた環境のせいでしょうか?

画一的な義務教育のせいでしょうか?

それとも、大学の教えのせいでしょうか?

 

ぼくは全部だと思います。

だからこそ、現に苦しんできた僕がいるのです。

 

社会人になって、働くようになって

コミュニティーが広がるようになって

家族を持つようになって

ようやく分かったのです。

 

若いうちから、自分が成長できる目標を持ち、実現させること。

そのためには、自己投資が必要だったということを、、、

 

正直、2年前まで僕にもはっきりとした目標がありませんでした。

ネットビジネスで成功するっていう目標

あるメンターに出会うまでは、、、

 

もし、あなたに目標がないのであれば

ぜひ、つくってください。

つくれないなら探してください。

 

目標があったからこそ、人生が豊かになり、今日まで頑張れた

と胸を張れる日が必ずやってきます。

 

一緒に頑張りましょう。

 

ちょっと生意気なことを言ってしまったかも、スミマセン。

 

それでは、また。