住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

つながっているから | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

突然ですが、あなたの安息の場所はありますか?

なぜこの質問をしたかというと、僕はたまに一人になりたい

と思うことがあるからです。

 

あなたにもりますよね。

リラックスしたい、もの思いにふけりたい、

邪魔されたくない、はじけたい、、、

 

僕の場合は、「忘れたい」といった感覚なのですが

何かイヤなことがあったり、壁に当たってアイデアが出ない

といったとき、頭の中をリセットしたいのです。

 

そんなときにお世話になるのが「近くの市立図書館」なのです。

 

難解な本を読むわけではありません

専門書をよむわけではありません

DVDを視聴するのでもありません

 

それは、、、

 

雑誌を読むのです。

色んな雑誌があるし、バックナンバーも豊富です。

 

特に僕の好きなジャンルは「旅」関係です。それも国内。

ここには雄大な自然がある、観光地がある、ご当地ものがある、、、

いつか行ってみたいとも思うのですが、どちらかというと

日本の素晴らしさを知ること、発見できるといった

まさしく、「へぇ~」体験が好きなのです。

 

写真を見たり眺めたり、記事を読んだり、、、

でも雑誌だけじゃないんです。

 

実は、マイプレイス=お気に入りの場所があるのです。

窓際の端っこ。

 

図書館は静かなのは当たり前ですが、それでもさらに

人通りが少なく、日の当たる場所。

ウトウトできる、そんな素敵な場所なのです。

 

図書館に行ったらまずはその場所取り。

そこまで徹底しているんです。こだわりです。

まさしくそこが僕の「安息の場所」なのです。

 

ところで最近、「ソロ充」という言葉を聞くようになりました。

 

1人カラオケ、1人焼肉、1人旅、、、、

 

友達や家族がいないっていう「ぼっち」ではなく、

あえて一人の時間を楽しむ、充実した時間を過ごす人のことです。

 

一昔前までは、1人○○って世間的にいいイメージなかったし

今以上に考え方とか環境とか整っていませんでしたから。

だんだんライフスタイルが変わってきたのですね。

 

僕はこう思うんです。

 

こういったスタイルって、友達とか家族とか同僚とか先生と

つながっているからこそできるんだと思うのです。

家族とはいつでも会えるし、SNSが発達している今だから

友達ともすぐにつながることができる。

こういった、誰かとつながっているという安心感があるから

「ソロ充」は市民権を得てきたのだと思います。

 

なので、僕の「ソロ充」は図書館での1人読書。

あなにもきっとそんなソロ充が必要なはず。

 

いつも仕事ばかり、勉強ばかりしないで、

たまには心身ともに生気を取り戻す、

そんなことを気にかけて毎日を楽しんでくださいね。

 

Yes,Let‘s ソロ充!

 

それでは、また。