住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

圧倒的な情報量は大事 | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

ちょっと気になったニュースがあります。

厚生労働省のまとめによると

大学卒業者の離職率は4年連続30%を超えたそうです。

 

2013年入社の方で、2016年までの離職率は31.9%

3人に1人、会社を辞めた計算です。

 

産業別で離職率は異なりますが

僕の会社は製造業で、今のところ3年内に離職した人はいません。

自慢ではありませんが、結構働きやすいと思っています。

福利厚生、有給取得、作業環境、同僚や上司との関係

でも、給料面は??です。

 

なので、僕はネットビジネスを始めたのです。

将来の経済的な不安をなくしたいと強く思っているから。

 

さっそく、タイトルの圧倒的情報量は大事ということに移ります。

 

さっき話した通り、僕の会社、新人の離職はないのですが

定年退職、ベテランの退職で穴が開きます。

なので、それを補うために、某大手の転職サイトに登録します。

一緒になって頑張ってもらえる人を探すためです。

 

この前、僕の部門にも欠員が生じたのです。

 

現場の作業を終えて席に戻ってきたら

隣の先輩が、うんうんうなっているのです。

ちょっと覗いてみると、転職サイトに掲載するための文章と格闘

中だったのです。。

 

仕事内容

応募資格

仕事のやりがい、むずかしさ

職場の雰囲気

入社後の流れ

入社される方へのメッセージ

給料

などなど、、、

 

さらに、

先輩へのインタビューってものもありました。

 

大変だ、と感心しつつ、いつか僕も担当する日が来るのかな?

と思ったのです。

 

ところで、

僕は先輩の気の毒さをこの記事にしたいのではありません。

いつか回ってくる僕の気持ちを記事にしたいわけではありません。

実は気づいたことがあるのです。

僕にとって重大な発見!

 

この募集シートの内容って、普段、何気に買っている商品の

セールスコピー(広告)と同じだということに気づいたのです。

 

例えば、ダイエットサプリメントの場合は、

商品の内容

商品の特徴

商品を使うことで得られる価値

体系のビフォアー、アフター

体験者の声

価格

といったことが広告にずらずらと書かれています。

 

つまり、痩せたい方がダイエットサプリメントという商品を

選ぶ行為、と転職者が会社を選ぶ行為って、実は、考えること、

やることは同じだったんです。

 

でも、決定的な違いがあります。

それは、転職者はその人の人生がかかっている、重さが違う点。

ダイエットサプリのように、こっちがダメだったらあっち、、、、

というわけにはいきません。

 

そういった意味からも、そして、転職サイトに登録されている

競合他社よりも、僕の会社を選んで応募したいと思える

ぐっと引き寄せるメッセージが必要なんだと思うのです。

 

そのために大切なのは「圧倒的な情報量」ではないでしょうか。

 

どこまで情報を開示するかはその会社の内情次第ですが、

その文章、メッセージが転職者に刺さって、働いてみたい

って感じてもらえる、そんな心に響くメッセージです。

 

まずは、応募してもらえないと意味がありませんね。

なので、生半可なメッセージではダメだと痛感したのでした。

 

相手の立場になって、相手の知りたい、不安を解消できる

そんなメッセージなのです。

 

僕は先輩に、

会社にとって人財が命。

いい人が来るようにしっかりとしたメッセージを頼みます、、、

とは言えませんでした。

だって、じゃお前がやれよ、って言わるのが見えていたから。

 

ネットビジネスで商品を売るときにも情報の質と量は大事です。

なぜなら、顔の見えない相手から買うわけなので、、、

なので、十分な情報を提供して、信頼してもらえる

そんな関係を築いていきます。

 

それでは、また。