住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

未来を創造すること | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

この前の出張での話。

 

超大手企業の研究部門の部長さんと意見交換させてもらう機会がありました。

 

普段そういった方と直接お話しすることはないので緊張しましたが。。。

 

研究部門のトップともあって、知的で聡明な方でした。

 

研究部門のミッションは、5年、10年先の製品を研究すること。

 

まだ誰も見ることの出来ない、想像すら出来ない未来を創造する、そんなことを日々考えているようです。

 

想像できないものをどうやって創造していくのか?

そして、どのようにしてその製品を売るのか?

 

はっきり言って、僕には全く見当もできないことです。

 

たとえば、スマートフォン。

出たて当時、誰が欲しいと思ったでしょうか?

ガラケーで十分だと考えていたはずです。

そんなものはいらないと誰もが言っていました。

でも、今ではスマホの普及率は60%を超えているのです。

 

さらに、燃料電池車。

水素を燃料として走る究極のエコカー。

このコンセプトを知った時、実現すると思いましたか?

だとしても、超高額で手の届かない物。

今ではそんなことありませんね。

 

さらに重要なことは、

その製品をつくるだけじゃダメなんです。

燃料電池車でいうと、水素ステーションが必要ですよね。

そうなんです。自動車メーカーはクルマだけを考えればいいってわけではなく、社会全体も考えなければならないのです。

 

新しい未来を創造するには、企業単独ではムリなのです。

 

 

僕の会社は、取引先である会社のニーズをカタチにしています。

なので、未来を創造する苦しみを意識したことがありませんでした。

 

何かを創造するときって、よく、他業種にヒントがあると言われます。固定概念にとらわれないってことだと思うのです。

 

先入観を捨てる、基準を変える、自分の勝手な思い込みで評価しない、、、

目的地は一つでも、そこに到達するための正しい方法は決して一つではないのです。

 

失敗したら反省しやり直す。これでいいと思います。

とにかく行動、そして、チャレンジする姿勢が固定概念にとらわれないことだと思うのです。

 

今回の意見交換会はとても勉強になりました。

とても刺激を受けました。

 

Appleに代表されるこういった未来創造型企業があるからこそ、僕たちの生活はより豊かになっていくんですね。

 

と、いうことを忘れずに、たくさんの方たちにネットビジネスを通じて、豊かな未来を創造するお手伝いをしていきます。

 

それでは、また。