住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

キッカケとは自らつくるもの | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

唐突ですが、あなたはタバコを吸いますか?

僕は吸いません。

 

今朝、会社に向かう途中にこんなことがありました。

 

新聞配達員がタバコを吸いながらバイクに乗っていた

歩きタバコのおじさんとすれ違った

自転車に乗ったサラリーマンがタバコを吸いながら追い抜いた

 

タバコを吸うのは自由ですが、喫煙者が吐き出す煙は勘弁して

もらいたいですよね。

 

なぜ決められた場所で吸えないのでしょうか。

歩きながら、自転車をこぎながら、バイクに乗りながら、、、

ながら吸いってすごく迷惑です。

それに、そういうときにこっちが息を止めるって

意味が分かりません。

 

路上喫煙禁止条例を早くつくってもらいたいですね。

 

 

話の本題に移る前に、先に謝ります。ゴメンナサイ。

実は半分ウソをついていました。

正確には、タバコは吸っていた、でも今は吸っていません。

吸っても1日に4、5本といったところでした。

 

タバコって不思議なチカラを持っているのです。

1つの場所に人を集めるチカラ。

そして、喫煙者のコミュニティーです。

 

僕の会社だけでなく、どこでも同じだと思いますが、

喫煙室っていろんな情報が飛び交うのです。

うわさ話、ここだけの話といった普段入ってこないようなこと。

そういう話って盛り上がって楽しいのです。

 

それに、そういう情報を共有出来ていないと、取り残され感が

半端ない。

 

だから僕はタバコを吸っていたのでした。

 

 

今は、きっぱり止めています。

周りの人からは意志が強いね、って言われることがありますが

実はそうでもないのです。

 

元々、タバコは僕に合っていなかったのです。

立て続けに2本も吸うと頭がくらくらするのです。

もちろん、タバコが“うまい”と思ったこともありません。

 

タバコは会社でしか吸わなかったし、

喫煙者のコミュニティーに入るための手段でしかなかったのです。

 

僕がタバコを止めてから2年経ちます。

ちょうどネットビジネスについて考えるようになったときです。

 

小さな喫煙コミュニティーに参加しても、僕のネットビジネス

成功という目標には無関係ということに気が付いたこと。

 

それに、「望むものを得るには、何か代償を差し出す」

こんな感じのことが本に書いてあったのです。

(本の名前は忘れましたが、、、)

 

このようなちょっとしたキッカケがタバコを止めて、

ネットビジネスへの集中という決断に大きな影響を与えたのです。

 

キッカケって気づかないこともありますが、

非常に大切だと思うんです。

 

たとえば、

親の一言で夢から覚めた

ママの工夫のおかげでピーマンが食べれるようになった

先生の指導のおかげで、大学に進学できた

友人のアドバイスで髪形を変えたらモテるようになった

ボランティアに参加して、人にやさしくなれるようになった

 

あなたも、今まで色々なキッカケで、

何かを始めた

止めた

出来るようになった

考え方が変わった

理解できた

etc、、、

 

あると思います。

 

日常生活の中に、想像以上にキッカケはあふれているものです。

キッカケは与えられるものとは思わずに

自らつくっていくものだと考えられれば

人生は変わっていくものだと実感しています。

 

味気ない日常ではなく、刺激を求めてキッカケを探しましょう。

 

キッカケで思考が変わる

思考が変われば行動も変わる

 

それではで、また。