住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

見てくれのイイ男 | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

僕の上司がこう言った。

 

「あの人は有名無実だな」

 

この言葉の意味はすごく深い。

なので、ちょっと紹介したいと思います。

 

これは、上司と二人で商談に臨んだときの話。

商談といっても売り込みです。

僕たちが売り込まれた方。

 

新商品の紹介と名刺交換(営業担当者の交代)のために、2週間前にアポイントを受けたのです。

 

営業マンと会った時の第一印象は、、、

 

細めのダークスーツを身にまとい

一見派手な色合いだが主張を抑えたネクタイ

顔は少々日に焼け、短い髪をワックスで立たせ

いかにも「デキル感」を醸し出していたのです。

 

名刺交換後に早速、新商品の紹介に移って一通りの説明を受け質問タイムに突入したのですが、、、

 

え~、あ~、ちょっと、確認します、だと思います、調べます、、

といった言葉しか出てこないのです。

 

はっきり言って、何しに来たの?って思ったのです。

その商品の特徴、性能、仕様といったことは暗記していました。

でも僕たちが知りたいのは、商品を使うことで得られる僕たちのメリットなのです。

 

前任者とどのような引継ぎを行ったのかは分かりません。

でも、僕たちと会うってことは、僕たちの時間を使うことだし有益でなかったら、その時間はムダになります。

 

なぜこういったことが起きてしまったのでしょうか?

 

ハッキリ言ってその答えは簡単です。

 

事前準備をしてこなかったから。

僕たちの会社の事前調査(リサーチ)を怠ったから。

 

リサーチって重要ですよね。

たとえば、今僕が書いているこのブログ。

 

記事を書くには大きく3つのステップがあります。

1つ目のステップは、リサーチ。 素材を集めます。

2つ目のステップは、ライティング。 記事を書きます。

3つ目のステップは、エディット。 編集して仕上げます。

 

つまり、2つ目のステップで「何を書いたらいいのか?」とウンウンうなるってことがありますが、何を書くかは1つ目のリサーチが出来ていないからなのです。

そして、素材を組み合わせてひとつの記事に仕上げるのです。

 

 

今回の商談も全く同じ。

僕たちが何を作っているのか、僕たちが何を知りたがっているのだとうか?

そして、そのために足りない情報は何か?

をリサーチしなければならなかったんです。

 

そして、商品紹介のストーリーを考える。

Q&Aを準備しておく。

 

これは商談だけの話ではありません。

人に頼み事をする場合でも、説得する場合にだって共通した考え方だと思います。

 

つまり、リサーチは全ての出発点なのです。

 

 

話を戻しますが、結局、商品のパンフレットをもらい、いくつかの質問をお土産として渡したのです。

 

モノの売買、得に高額商品は、相手との信頼関係がなければ成立しません。

なので、この「見てくれのイイ営業マン」との関係はいつ築けるのか!? 誰にも分かりません。

期待しないで待ってます。

 

それでは、また。