住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

僕の思考を変えたコピーライティング | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

ちょい昔の話になりますが、通信教育でコピーライティングを学んだときのお話をしたいと思います。

 

マーケティングの本を読み漁っていたころ、何かのタイミングでコピーライティングという存在を知ったのです。

確か、コピーライティングはマーケティング要素がぎっちりと詰まった、実践バイブルみたいなことが書かれていたと思います。

本を読むだけじゃなく、もっと実践的なことを通じてもっとマーケティングを理解したいとの思いがありました。

そして、色々調べた結果、某出版会社のコピーライティング通信講座に申し込みをしたのです。

 

最初のオリエンテーションのメッセージで、

これはあなたの人生を変える

1億円の収入が得られる

1枚コピーを書けば50万円

不労所得で生活できる

 

なんてことを強調していました。

でも、この教材はアメリカの教材を日本語訳にしたものだし、そもそも日本の文化、生活環境、商習慣は違うし

本当に人生は変わるのか?

と、ある意味、期待はしていませんでした。

 

ところが、1カ月も受講していくと、僕の思考が大きく変わったのです。

 

どう変わったかと言うと、、、

まず、マーケティングを知らないと上手なコピーが書けないという発見です。

相手の立場で商品、サービスが提案出来ないのです。

 

さらに、「価値」という言葉の意味について深く考えられるようになりました。

お客は商品、サービスそのものではなく、悩みや問題を解消することで得られるメリットを望んでいるということ。

 

まさしく、普段職場でことあるごとに聞く「付加価値をつける」という言葉について真剣に考えられるようになったのです。

とても新鮮な感覚を受けました。

 

本当の意味でのマーケティングが理解できるようになって、少しだけ自分の目線が高くなったと思っています。

 

この講座は一から我流でコピーライティングに取り組んできたアメリカの業界では知る人ぞ知るライターが監修しています。

その人の下で学んで成功した人も紹介されていました。

 

初めは見よう見まねだったが、苦労を重ねて売れっ子になった成功者たち

大きな成果を出したこの人たちは、そもそも主婦、アルバイター、工事現場作業者、、、といった明日の生活に困窮していた人たちだったのです。

 

なので、特殊な能力を必要としているわけでもありません。

僕とそんなに変わらないじゃないか!と思ったのです。

 

ところで、こういった成功体験は他にも、テレビで紹介されます。

成功した起業家や経営者って、たまたま成功した、偶然が重なった、周りに助けられた、、、とか謙虚な言い方をしますね。

 

実は、志の高さだったり、やれば出来るというポジティブな考えを持っていたに過ぎないのです。

 

なので、僕も成功した起業家や経営者とはそれほど違うわけではないと思えるようになったのです。

だから、僕はネットビジネス挑戦へ一念発起したのです。

 

はっきり言うと、コピーライティングの理論は学びました。

でも実践では生かせていないのが現実です。

 

しかし、この講座から、マーケティングの知識と、挑戦する気持ち、思考が身に着いたことは財産だと思っています。

 

やはり、その道のプロから学ぶことは非常に有意義なのですね。

成功者に学ぶっていうことは成功への近道でもあるのです。

 

それでは、また。