住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

もっと大人になってください | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

この前、マーケティングのセミナーに行って来ました。

 

新商品開発のためのマーケットリサーチに関する内容で、会場には100人以上が参加していました。

 

20代から50代と幅広い年齢層で、ほとんどの方がスーツを着ていたので、サラリーマンだと思います。

 

何かを得るために自発的に来られた方、会社の指示で来られた方、

一人の方、数人で来られた方、、、

セミナーに参加した目的もそれぞれでしょう。

 

ちなみに僕は、会社でマーケティングの勉強会に参加しているので、この手のセミナーに興味が湧いて自発的に申し込んだのです。

 

内容は、

自社の強み弱み、市場調査の仕方、製品ライフサイクル、、、

といった新製品を開発するまでの流れと、それを企画書に落とし込むまでの一連のプロセスの紹介でした。

 

ところどころで講師の質問が飛んだり、実際のノウハウをちらっと見せながらといった、参加者を飽きさせないような工夫が随所に感じられました。

 

僕は、聞き漏らさないよう、テキストにメモを取り、講師の話に夢中になって、一つでも多く知識を持ち帰ろうと集中していたの

です。

 

そんな中、三人掛け机に一緒に座っていた方が、もう一人の方にしきりに話しかけるのです。

 

ちなみに、僕は端っこ。真ん中が20代の若手(風)、反対側に30代半ばの先輩って感じの方の席順でした。

 

先輩:俺、これ知ってる

後輩:はぁ。

 

先輩:これって〇〇っていう意味なんだよね

後輩:そうなんですか。

 

先輩:これって知ってて当然だよ

後輩:へぇ~。

 

先輩:今の説明分かった?

後輩:何となく。

 

そして、最後に、、、

 

「これくらいのこと知らないと仕事にならないから」

 

と。。。

 

僕は「こいつ、何しに来たんだ!」と、彼に対して思ったのです。

 

決して、色々ちょっかいを受けた後輩が気の毒に感じたからではありません。

 

今はセミナーに参加してしいるのだから、

お前が先生ではないだろうし、そもそも、セミナーで学ぶという姿勢が全く欠落している。

 

おそらく、僕の周りの方たちも同じ思いを持っていたのではないだろうか。

 

俺は知っているからこのセミナーで得ることはないだろう。

 

お前は何様だ?

学ぶ謙虚な態度が取れないのか?

壇上の講師から見られているのが分からないのか?

 

たとえ99%知っていることであっても、知ったかぶりせずに復習に充てて、さらに理解を深める。

知らなかった1%に価値を見出し、自分のものにする、新しい気づきに変える。

 

でも、

 

そんなことが出来ない、講師に敬意を払えないなんて、大人としてどうだろうか?

セミナーに参加する資格があると言えるのだろうか?

 

このセミナーが無料であってもだ。。。

 

と、僕は思います。

あなたはどう感じました?

 

それでは、また。