住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

セコイ人VS太っ腹な人 | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

寒い日には鍋を囲んで一杯。いいですよね。

先日、同僚と忘年会を行いました。

毎年持ち回りで幹事を決めるのですが、今回はA君です。

 

落ち着いた雰囲気の和食居酒屋で、旨い料理と美味い酒でしっとり系で楽しい時間を過ごしたのです。

家族の話、職場の訳あり話、趣味の話なんかで盛り上がって、いい感じでお開きにしたハズだったのですが、、、

 

後で、他の同僚から意外な話があったのです。

「あいつ(幹事)はお金を払ってないらしい」

どうも、よくある予約すると幹事の費用はタダっていうシステムです。

もしこれが本当であれば、ちょっと残念です。

お金がどうこうっていうことではなく、これからA君を違った目で見てしまうってことです。

よく言うケチです。

 

ワリカンになると1円でも少なく払おうとする

決して率先して払おうとせず、最後の最後で周りが多く払った後の不足分だけを払う

 

こういった人って、こういうことが自分の価値を下げてしまうことに気付けないのです。

そして、ケチな人ほど嫌われるってことも、、、

 

なので、自分は損するけど相手に徳してもらう精神、要は、サービス精神って大切だと思うのです。

 

「受けるよりも与えるほうが幸せ」

 

って言葉があるように、人に幸せを与えることが自分の幸せにつながって、さらに豊かになっていくのではないでしょうか。

 

たとえば、アメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーは、アメリカ中に200もの図書館を建てました。

ビル・ゲイツは基金をつくって、全財産を寄付しました。

 

もちろん、忘年会に参加した僕たちとはまるっきりレベルが違います。

でも、そういった精神が大切だってことなのです。

 

話は変わりますが、ネットビジネスでの僕のメンターはビジネスの成功者です。年商何億って稼いでいます。

ネットビジネスを広めて、もっと多くの人に幸せになってもらいたいと言っています。

 

だから、YouTubeで無料動画をアップしたり、メルマガを配信したり、破格ともいえる値段で塾を開催したりしているのです。

 

自分で稼げるようになったら、それがどのくらい役立つのか、そして、いかに世の中で貢献していくかを考えているのです。

 

僕の会社に元気な女子社員がいます。

誰もやりたがらないことに率先して手を挙げるのです。

自分の利益は考えずに、組織全体が上手く回ることだけを考えているからです。

 

やっぱりその女子社員は上司からのウケがいいし、頼りにされている存在です。

まさしく、サービス精神です。

そして、こういうサービス精神が旺盛な人には必ず人が引き寄せられるんだと思います。

 

とにかく、私生活でもビジネスでも成功したいのなら、ケチになってはいけません。

どんどん与えられる太っ腹な人間になりましょう。

 

それでは、また。