住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

僕は飽きっぽい性格なのか? | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

あなたには贔屓(ひいき)にしているお店がありますか?

もしあるならば、その理由を考えたことがありますか?

 

サービスがいいから

スタッフと気が合うから

リーズナブルな料金だから

家に近いから

などなど理由があると思います。

 

こんにちは、アツシです。

 

僕には毎月通っている美容院があります。

ちょうど今年になってから通い始めたから、もうすぐ1年。

 

以前は他店に行っていたのですが、オーナーは物静かで、逆に客の僕が気を遣って話しかけるといった感じでした。

だからでしょうか?

店はいつもヒンヤリしていて、他のお客とかち会ったことはなく、なので、繁盛しているような熱気は感じられない。

 

そもそも、美容院というサービス業は客とのコミュニケーションがないって、致命的だと思いませんか?

家から数分の場所だったこと、いつでも予約が入れられるといった好条件だったのですが、さすがに僕の気分も段々冷めていってしまったわけです。

 

そんな折に、新しい店がオープンしたのです。

その店のオーナーは以前とは真逆で、声がデカく、バイタリティーのオーラを発している兄さん。

技術を磨いてきて、念願かなって独立したのです。

 

店は温かみがある、明るい、イカした音楽が流れている。

何といっても、オーナーと話すのが楽しい。

だから今はこの店を贔屓にしているのです、、、

 

が、毎月通っているからでしょうか?

話がマンネリ化してきたというか、、、

 

通い始めたころは、オーナーの夢とかビジョンとか、どういったお客と付き合っていきたいとか、従業員(1名のスタッフがいる)の教育だとか、、、そんなことを熱く語ってくれたのです。

僕もそういった話は大好きだし、ネットビジネスで孤軍奮闘している僕から見ても、何だか共感できるからです。

 

ところが最近は、、、

近所の美味いラーメン屋の話だとか、テレビの話、家族の話だとか、僕にとってはどーでもいいことを聞かされるのです。

 

そもそも僕が美容院に通う理由は、

髪形をキメたいだとか、カッコいいイメージを作りたい、なんて考えたことはなく、ただ単に清潔に見られたいから。

それ以上に、僕の知らない業界の情報を知りたい、起業した人の苦労話を聞きたい、人とのコミュニケーションの輪を広げていきたいから、なのです。

 

ところで、なぜ人はその店から商品やサービスを買うのでしょうか?

その答えは、

その人が抱えている問題を解消したいから、

あるいは、何かサプライズが欲しいから、

だと思うのです。

 

反対に、なぜ店は商品やサービスを売るのでしょうか?

それは、

他店にはない商品、サービスだから、

あるいは、お客の悩みを解決する唯一無二の商品、サービスだから、

ではないでしょうか?

 

商品やサービスを売るって大変です。

店はお客のニーズを満足させなければならない。

ちまたでは、「顧客満足」だとか「顧客第一」って声高らかに言われています。

 

でも、

商品、サービスに飽きられたら、

信頼関係にヒビが入ったら、

他に魅力的な商品が現れたら、

買ってもらえなくなりますよね。

 

一人ひとりのお客のニーズに応えなければならない。

そのための苦労、努力は計り知れません。

 

この前、オーナーとの会話で、店の経営の方向性に迷いが出てきた、と言っていました。

確かにオープンして1年、当時の大志と実際の経営とに大きなギャップを感じるのは当然だと思います。

でも、あなたが迷うのは勝手ですが、客を迷わさないで欲しい。

だって、客にはあなたの店を贔屓にする理由があるからです。

 

オープンした当時の初心に戻ってください。

であれば、僕はこれからもあなたの店を贔屓にするでしょう。

 

ところで、僕のネットビジネス。

この美容院と全くお同じことが言えます。

美容院は技術とコミュニケーションを売り、

ネットビジネスは情報とコミュニケーションを提供する。

なので、このブログを読んでくれているあなたに飽きられないよう努力していきますので、これからもよろしくお願いします。

 

それでは、また。