住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

なぜ、僕の新年の抱負は実現できないのか? | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

1年はあっという間ですね。

何だか、年を重ねるごとに1年が早く感じるような気がします。

 

ところで、年末は大掃除と買い出しと慌ただしくてゆっくりしている暇などなかったですね。

やっと一息つけたのが昨日の16時。

ようやく新年に向けてカウントダウンだ!と思っていた矢先に重大事件が発生したのです。

 

それは、、、

今年の初めに立てた新年の抱負が思い出せない。あれれ!?

なんたる失態だ!

これは決して歳のせいではありません。

 

あなたにもこんなことがありますよね。

・立てたことをまるっきり覚えていない

・途中まで頑張ったけどあきらめた

・達成できた(おめでとうございます!)

なので、来年は同じ轍は踏むまいと本棚から一冊の本を取り出したのです。時間も時間だったので超ななめ読み。過去に一読したことを思い出しながら、、、

 

ぜひ、あなたとシェアしたいと思います。

 

願望を実現させるための6カ条

「思考は現実化する」ナポレオン・ヒル著

 

この本は、1920年代に活躍した偉人(例えば、トーマス・エジソン)500名の成功物語を20年に亘って追跡した成功哲学の実践書です。

もう100年も前の話でしょ!環境が今とはまるっきり違うから参考にならないとは思わないでください。何と言っても、価値観、行動といった人間の本質はいつの時代も変わることがないからです。

 

6カ条とは?

1.“願望”をはっきりさせる

2.望むものを得るために“代償”を差し出す

3.“最終期限”を決める

4.“計画”を立て不十分でも迷わずすぐ実行する

5.1~4を紙に書く

6.起床後就寝前の1日2回、上記5を声に出す

 

1,3,5については説明するまではないと思いますので、2,4,6について説明します。

 

2.望むものを得るために“代償”を差し出す

役に立つこと、あなたがされてうれしいことを誰かに行うというプラスアルファの精神です。あなたの行為がやがて違った形で帰ってくるのです。たとえば、壁に当たったときに、仲間が手を差し伸べてくれる。つまり、願望を達成するために周りの人たちが助けてくれるということです。すごく心強いですね。

 

4.“計画”を立て不十分でも迷わずすぐ実行する

人は誰も変化を嫌うものです。出来ることなら何もしたくはないのです。失敗したらどうしよう、あるいは、失敗した時の言い訳を考えるために時間を使ってしまい、結局行動しなかった、なんてあると思います。なので、言い訳を考える暇があるのなら実行する。失敗したら何度でもやり直せばいいんです。早く失敗すれば、早くやり直しが利くのです。今から即行動しましょう!

 

6.起床後就寝前の1日2回、上記5を声に出す。

気持ちを高め、自分は出来ると脳に信じさせることが願望を達成させる原動力です。これによって、自分の潜在能力を最大限引き出し、自分の持っている本来の能力を引導き出すことができるのです。つまり、自信を持つということ。自信がなければ何やっても上手く行きませんよね。

 

と、いうわけで、あなたは新年の抱負を立てましたか?

目標に向かって進む準備は完璧ですか?

 

いくら崇高な目標を立てたとしても、

周りが驚くような目標にしても、

自分の能力+αのような手が届きそうな目標だったとしても

達成できるかどうかは、計画性とヤル気次第です。

 

今年の目標を達成していなくても、来年は必ずやって来るのです。

またいつもと変わらない年になって同じことの繰り返し、、、と後悔しないためにも挑戦していきましょう。

 

それでは、また。