住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

答えの見つからない悩み | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

あなたはこんなことを考えたことがありますか?

自分は何をすべきなのか?

自分に足りないものは何か?

 

こんばんは、アツシです。

 

僕は、仕事が順調な時に悶々とした気持ちになることがあります。

仕事が順調ということは、本来いい事なのかもしれません。

でも、反対に考えると、不安がない、ストレスを感じないって、自分の成長が止まっている気がするのです、、、

 

僕の会社は創業50年を超す中小企業。

創業者が裸一貫で立ち上げ、今まで成長してきました。

バブル経済といった華やかな時代、リーマンショックといった未来がはっきりと見えない暗い道をひたすら進んで来たのです。

地道な経営と50年という歴史が多くのお客と人脈を作ってきた。その創業者が作り上げてきた財産という船に、今僕たちは乗っているんだと感じるのです。

 

別の言葉を使うと、ただ敷かれたレールの上を走っている。

未来に向かうレールに甘えているだけじゃないのか?

 

創業者から見れば、

「今のお前たちは、恵まれている」

と思うに違いないでしょう。

 

そうなんです、僕たちには「創業者の苦労」は知らないし、

ましてや、「がむしゃらにチャレンジする」というマインドも欠けているんだと思うのです。

 

だからこそ、僕は冒頭の

自分は何をすべきなのか?

自分に足りないものは何か?

を考えてしまうのです。

 

僕がこう考えてしまうのは、

生真面目だからではありません、

責任感が強いからではありません、

将来にすごく不安があるからでもありません、

 

たぶんそれは、、、

会社をここまで立派にしてきてくれた創業者、先輩、そして、お客への感謝から来ているのだと思うのです。

 

たとえば、創業者を知る方に会うと、その方から創業時の苦労話や偉業を遂げた思い出話を聞くことがあります。

昔から取引いただいているお客と会うと、困ったときに助けてもらった、今でも忘れないと言われることがあるのです。

また、過去の製造記録を見ると、先輩方は今では考えられないようなリスクを冒して、新しい技術を作り上げていったことに感心します。

こういった今まで支えてきてくれた、会社に関わる全ての人への感謝を感じるのです。

 

僕は企業の一中堅社員です。

そして、今この場所に居れることをすごく感謝しています。

これから先、僕が成長し、会社も成長するためにすべきことは何だろうか?足りないことは何だろうか?

 

お客をもっと感謝することかもしれない、

社長、上司、先輩、同僚、後輩に対してさらに感謝の気持ちを伝えることかもしれない、

 

もちろん、ものづくりの技術を上げる

競合他社との戦いに勝つ

ということも大切です。

 

なので、これから5年、10年、20年先も存続して成長していくためには関係者との良好な関係が何より大事だと思うのです。そのためにも感謝し続ける気持ちがとても大切なのです。

 

ハッキリ言って、今具体的にすべきことは分かりません。

とにかく、先人たちに引けを取らない圧倒的な努力が必要だってことは理解しているのですが、、、

 

いつか先人たちを超えるものを創りたい

そして、将来、語り継がれるような業績を残したい。

何をすべきか、足りないものは何か?を強く意識して全力で取り組んでいきます。

 

今回はオチのない話になってしまいましたが、最後までお付き合いありがとうございました。

 

それでは、また。