住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

こんなことにはもうウンザリだ! | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

単刀直入に聞きます。

あなたは時間をムダにしたと後悔したことがありますか?

僕はあります。大ありです。

 

どんなことかと言うと、、、

洗濯機の洗濯槽から赤茶色のカスが出てくるようになったのです。

カビキラーをしても症状が治まらなかったので洗濯槽の裏側を清掃することに。

ネジを取って、パネルを外して分解洗浄して再組立て。

ここまでは順調だったのですが、、、

いざスイッチをONにすると水が止まらない。いつまでもオーバーフロー状態。

分解、洗浄、組み立てに費やした3時間が、、、

 

他には、、、

僕のサイトで使っているオープンソースのワードプレス。

画像が定位置からズレたり、致命的ともいえるログインが出来ない状態になったりもうお手上げ状態に。

専門書を買ったり、Google先生に頼ったりしたものの、、、

さらに状況は悪化の一途。

何とかしようと頑張ったけど睡眠不足とストレスでついに降参。

帰宅後に寝る間を惜しんでやってきた1週間が、、、

 

ここだけの話ですが、どのように対処したかというと、、、

新しい洗濯機に買い替えることに、

お金を払って業者にプログラムの修復を依頼する羽目に、

なってしまったのです。

 

このような結果的に時間をムダにしてしまった経験はあなたにもあると思います。

当初はたいしたことないって思っていても、どんどん損失が大きく膨らんでしまった。

初めから分かっていればこの時間はもっと他のことに有効に使えていたはずだと、、、

 

さらにこんなことも思い出しました。

年末テレビ特番で徳川埋蔵金発掘番組がありました。

ナレーションとか構成が素晴らしいので、一瞬チャンネルを合わしてしまったら最後、蜘蛛の巣に掛かった蝶のように身動きが取れなくなって、結局2時間見てしまった。

 

もちろん埋蔵金は発見出来ませんでした。

埋蔵金は発掘されるはずはないと薄々感じていたにも関わらず、どこかに男のロマンを感じてしまったからでしょうか?

 

ところで、場合によっては時間をムダにしてもいいときがある、

時間を有効に使えなかったことを後悔しなくてもいい場合がある、と思うのです。

 

それは、、、

その使った時間に対する努力が報われる場合です。

 

たとえば、

僕の中学生のときの部活動はテニス部。

毎日の練習に耐えて3年間頑張った。

レギュラーの座を獲得することは叶わなかったけど、部活で鍛え上げた体力があっての今だと思うし、何事にも努力する精神力も当時の教えがあったからだと思うのです。

 

つまり、将来、何らかの形で役に立つのであれば、あるいは、そのときの失敗体験があとあと役に立てられるのであれば、、、良いのです。まさに、「若いときの苦労は買ってでもする」ということ。

 

僕は、洗濯機の分解で使った3時間で失敗を学びました。

もう二度とこんなことはしないという教訓を学んだのです。

 

ワードプレスも同じ。

僕はプログラムの専門家でも、学んだことがあるわけでもありません。

生半可な知識じゃムリ、と自分の能力を思い知ったのです。

だから次に同じ問題が発生したら即業者に依頼する、ということを猛省したのです。

 

ところが、徳川埋蔵金の話はどうでしょうか?

ハッキリ言って、これは単なる時間のムダ使いとしか言いようがありませんね。自分の身になることが一切なかったわけです。

2時間もあればブログ記事の1つでも書くことが出来たのに、、、

 

自分に出来ないことはムリしてやらない。

決してチャレンジしない、と言っているのではありません。

「時は金なり」という言葉があるように、時間を意識することが大切。

たとえ失敗した場合でも、その失敗を将来に生かす、糧に出来るかどうかを考えるってことが大切ですね。

 

1日は24時間です。

24時間しかない、24時間もある。

あなたはどっちの考え方ですか?

 

それでは、また。