住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

「所有」すること、「使用」すること | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

「お父さん、この前買った服着たの?」

「ん~、まだ着てない」

「どうして着ないの?」

「そうだね、そのうち・・・」

これは妻とのやり取り。

 

実は1カ月前にセールでシャツを買ったのですが、まだ手を付けていないのです。

店で試着してときはイケてると思って買ったのですが、、、

店員さんにのせられたわけではありません。

嬉しくて、買ったその後に家で着てみたら、こんな感じだっけ??、、、と。

 

サイズではありません。着た目が今一。

何だかシャツの柄、色がしっくりこない。

店と家とでは照明の感じが違うから?

買った直後のウキウキ感は一体どこに。

せっかく買ったのに使わないなんて、、、

 

ところで、最近、自動車業界では車が売れないと言われています。

特に若者。若者の車離れが原因だと。

欲しくても高くて買えない、

車がなくても生活に不便さを感じない、

いざとなればレンタカーで十分。

 

車は家に次ぐ高額商品です。

デフレで給料が上がらない、ましてや、非正規労働者が増えている状況では購買意欲が湧かないのも当然です。

なので、車は所有できないと、、、、

 

僕は車を持っています。

でも、使うのは土日だけ。

それも、買い物に行く、病院に行く、駅までの送迎、、、

所有しているけどほとんど使っていないのが現状。

 

他にもこんな例が、、、

あなたも必要に迫られてビジネス書を買うことがあると思います。

でも、そのビジネス書を有効に活用出来ていますか?

 

僕は結構な数を持っているのですが、以前のブログで紹介した通り、昔の僕はただ読んで知識を貯め込むノウハウコレクターだったのです。

ネットビジネスに関するありとあらゆる(ちょっと言い過ぎかも、、、)書籍に手を出したのです。

 

何か起きたときのために、知らないこと新しいことを吸収しておこうと考えていた。

なので、1ページ目から最終ページまで真面目に読み続けた、しかも、1回ではなく、2回、3回と頭の中に覚え込ませたのです。

 

こんなことをずっと繰り返してきたわけですが、残ったことと言えば、、、机の上に平積みされた本の山。

で、全く実際のビジネスに役立たせることは出来なかった。

今でもその知識は生かせていないと思っているのです。

 

僕は今までの取り組みでこう思ったのです。

ビジネス書って、実際のビジネスをやっているからこそ生かせるもの。

 

たとえば、問題や課題が発生して、どうしらいいのか分からない。

そんなときに、ビジネス書から解決のヒントやアイデアを得る。

著者の成功事例、失敗事例を学ぶことは職場の先輩から話を聞くことと同じではないでしょうか。

 

世の中には色々な問題が発生します。でも、どれひとつ同じものはありません。

なので、本の通り実行したところで真似ることは出来ないのです。だからこそ、ヒントやアイデア、考え方を学ぶ、、、ためのものだと思っています。

 

ビジネス書は所有しているだけではダメ。

実際にビジネスに使うってことが重要なのです。

モノは誰でも所有することが出来る。

そして、使い方は誰でも知ることが出来る。

でも、使い方をだけを知っていても、実際に使えないと意味がない。

 

なので、使うことの本当の目的が分かってこそ、初めて所有という行動を起こせるようになるのだと、、、

そして、そこから得た知識をどのように使うのか、どうやったら生かせるのかを考え、実践することに力を注がなきゃいけない。

 

お金をムダにしてしまった、時間をムダにしてしまった、、、と後悔しないためにも、モノを所有する真の目的をきちんと考えてみてはいかが?

でなければ、所有しないほうがいい。

僕のシャツもまさしく同じ。

 

それでは、また。