住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

あなたの給料が高いと言われたらどうする!? | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

こんばんは、アツシです。

 

「この製造原価だと高くて売れません」

これは営業担当者がよく使う言葉です。

僕は技術者なので、モノ作りの設計もするし、実際に手を汚したりもします。

 

高い値段をふっかけようとしているわけではありません。

営業担当者を困らせようとしているわけでもないのです。

ただ単に計算した結果、それだけなのです。

なので、「高い」と言われても、営業の主観なのか、あるいは、お客がそう言っているのかが分からないってことがあるのです。

 

 

そもそも商品とは何でしょうか?

そして、その商品の価値とはどのようにして決まるのでしょうか?

 

商品とは、お客の悩みや問題を解決するもの。

お客はその商品そのものにではなく、商品を使ってそこから得られる「価値」に対してお金を払うのです。

 

たとえば、高級フレンチレストラン。

スーパーで買えば1缶200円のビールが、レストランで飲むと1杯1000円なんて当たり前です。

なぜ同じビールで5倍の価格差があるのでしょうか?

それは、高級レストランで飲むということは、その場でしか体験できない雰囲気、サービス、ステイタスといった価値にお金を払うからです。こういったことは決して自宅では出来ないから。

 

もうひとつの例として、吉野家の牛丼。

美味しいどころか、1杯400円も出せばお腹一杯になって助かりますよね。

消費者には喜ばれても吉野家は儲かっていないのです。何とか黒字を出してしる状況なのです。

 

喜ばれているのなら、値上げをしてもいいと思いませんか?

すきや、松屋といった競合との関係、しかも、何十年と続くデフレ経済で、1杯400円という価格が常態化してしまった。

なので、消費者は400円以上のお金を払う価値は牛丼にはないと考えているから。

 

つまり、ビールと牛丼から見るように、消費者は「価値」があると思えば高い値段を払ってでも買いたくなるもの。

なので、商品は「価値」の付け方次第で高額でも売れるということなのです。

 

僕の会社がつくるほとんどの商品はハンドメイドの特注仕様です。

自社で作れなかった、あるいは、他社で対応してもらえなかったモノです。別の言葉を使えば「オンリーワン」商品。

 

そもそも価格が高いと感じてしまうのは、その商品の価値を営業担当者が理解していない、または、お客に伝わっていないということ。

 

高いからといって値段を下げてしまえば利益がなくなる。それどころか、僕たち技術者のモチベーションも下がってしまうのです。

しかも、営業の仕事ってお客の要望を聞く以上に、商品やサービスの価値を伝えることだと思うのです。

 

ところで、もし、あなたの給料が高いと言われたらどうですか?

給料に見合った価値がないと言われたらどうしますか?

 

給料が下がらないように、逆に、それは過小評価だと食い下がるのでは?自分の価値をアピールするはずです。必死に、、、

 

だからこそ大切なことは、まず、自分自身の「価値」を知ること。そしてそれを伝えること。

商品も同じ。その商品の「価値」を知る。そして、お客に理解してもらう。

なぜなら、その「価値」にお客はお金を払い、会社は給料をはらうのだから、、、

 

あなたの価値は何ですか?

もし、分からないならば見つけ出しましょう、ないならば作りましょう。

 

それでは、また。