住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

イス取り合戦に負けました | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

僕は今朝、ポジティブ思考でスタートすることにしたのです、、、

 

こんばんは、アツシです

 

電車で通勤しています。

最寄りの駅で乗車するときは座れることはありません。

でも幸いなことに、隣の駅で高校生が下車する確率が高いのです。

なので、乗車するときは、座っている高校生の前に立つようにしています。

 

たとえ1駅でも座れるものなら座りたい。

たとえ数分であっても目を閉じてリラックスしたい、、、

もちろん、そのことに気付いているのは僕だけじゃない。

なので、毎朝のイス取り合戦は僕の日課なのです。

 

今朝も電車に乗り込んだとき、二人の女子高校生を発見しました。

乗り込んだ時の一瞬の判断で、ドアに近い方の彼女の前に立つことに。

 

でも予想に反して次の駅ではもう一人の女子高校生が、、、

その女子高校生の前に立っていたオジさんに負けたのです。

僕は座るのをあきらめて、そのまま立ち放なしを覚悟して一日が始まった、というわけなのです。

 

ところで、もしあなたがこういった状況ならば何を考えますか?

自分の誤った一瞬の判断を責める、

下車しなかった僕の前に座ったままの女子高校生に早く降りろと念じる、

さらに次の駅で降りそうな高校生に狙いを変える、、、

 

ところで、こういったちっぽけなことを考えることにエネルギーを使うなんてどうかしてると思いませんか?

だって、イヤなこと、不快な気持ちを引きずると、その日すべての行動に影響を及ぼしてしまう。

 

現実は変えられない、だから現実として受け止めなければならない。

でも、その現実の受け止め方を変えるだけで一日が楽しくなるのだと思うのです。

 

たとえば、

今日はこのまま立って行こう。軽い運動になる。

普段見ることのない車窓からの風景を楽しもう。おぉ、富士山が見える。

色んな人が乗っているな。ちょっと人間観察でもしてみるか。

それとも、このことをブログに書くか、、、

 

このように考え方を変える、違った意味付けにすれば、たとえイヤな出来事でも、ポジティブな気持ちが持てるようになる。

 

ビジネスでも同じ。

たとえば、丸川製菓の「マーブルガム」

本来は四角いガムを作ろうとしたけど、どうやっても球状になってしまう。

失敗品であったものの、球状のほうが小さな子供でも口に入れやすいのでは?と考え方を変えたおかげでヒット商品になったのです。

 

他の例として、「ポストイット」。

粘着力の強い接着剤の開発をしていたのに、簡単に剥がれてしまう。期待していたものとは全く違ったものが出来上がってしまったのです。

このまま失敗にするのではなく、他に有効な使い道はないかと考えたことがポストイット誕生の理由なのです。

 

マーブルガム、ポストイット、両者とも予期せぬ結果をどのように捉えるかで、その後の成功につながったりする。

僕たちは日常の生活で、あるいは、会社で様々な出来事に遭遇します。

意図した結果になることもあれば、逆に、想定していなかった、予期していなかった結果になることもあります。

なので、起きてしまった事実をどのように捉えるか、その捉え方で、その一日、あるいは、人生が変わっていくものだと、、、

 

何事にもポジティブに反応する、前向きに考えることは、成功を導くための驚異的なパワーを引き出す能力ではないでしょうか?

 

逆にネガティブな思考や言葉は、悪い流れを作って、さらに負の連鎖を生み出してしまう。

 

だからこそ、ポジティブ、プラス思考の習慣は前向きな人生を送るための大切な考え方だとは思いませんか?

 

さぁ、今日も明日も明後日も気持ちを切り替えていきましょう。

 

それでは、また。