住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

お客には毅然とした態度をとったほうがいい | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

ちょっと前の話だけど、クローズアップ現代を見たかな?

「これって“過剰”?ニッポンのサービスが変わる」でなるほど!って感じたんだ。

 

24時間営業のコンビニやファミレス、何度も配達してくれる宅急便。

僕たちはこういったサービスは当然だと思ってしまっているんだ。

いつの時代からか過当競争が始まって、商品自体の差別化が出来なくなってしまった。

その結果、サービスで差別化しようとどんどんエスカレートしてしまったというわけだ。

 

しかもこの背景には、「お客様は神様」という言葉が独り歩きしてしまったことが原因だとも言っていた。

僕たち日本人の精神に「おもてなし」ってあるけど、この「お客様は神様です」の意味とは全く関係ないし、しかも、誰もが誤解しているんだって。

 

「お客様は神様」は、三波春夫さんが講演で聴衆を神様に見立てて、神様に祈るような思いで歌うといったことが始まりらしい。

なので、お客=神様だとは言っていない。

神様とは飲食店やスーパーに買い物に来るお客のことではないし、

ビジネスの取引相手であるクライアントのことでもないのだ。

 

ひどい客になると、「俺たちを神様のように扱え!」なんてオーラを出している(口には出さないが態度が威圧的)けどこれは全くの筋違いだということになる。

 

僕の会社でも「お客様は神様です」という意味をはき違えている営業マンがいるんだよね。

・お客が言ってるんだから何でもするのが当たりまえ

・お客の要望には100%応える

・決して断らない

 

お付き合いしているお客には品質に厳しい人が大勢いる。

それはそれでいい。だって、それに応えていくことで技術力や品質のアップにつながっていくからね。

 

そもそもビジネスは、お客の悩みや問題を解決するために提供した商品やサービスに掛かった労力の対価としてお金をもらう事。決してお客のわがままに応えることじゃないんだ。。

いくらお客にいい顔をしたいからといって、

いくら取引を打ち切られるのが不安だからといって、

その商品やサービスの価値が分からないようなお客、対価を対価とも思っていないようなお客とは付き合う必要はないと思わないか?

 

「他社はもっと安い」

「価格の根拠を示せ」

「時間が掛かりすぎる」

って言ってくるようなお客とは距離を置くべき。

 

わがままに応えようとすると僕たちは疲弊するし、手間ばっかりかかって儲からない。

お互いWIN-WINの精神が大切だよね。

なので、お客が相手を選ぶというだけでなく、会社や店もお客を選んだっていい。

お客の威圧的な態度に屈してまで仕事をするということに違和感を覚えるのは僕だけじゃないと思う。

 

どういったお客と付き合っていくべきかを考えることが何よりも大切ではないのか。

僕たちを成長されてくれるお客と付き合っていくということだ。

 

でもそうは分かっていても、なぜかそんなお客との関係が切れない、、、

って悩んでいるならば、ひょっとしたら、あなた自身がわがままなお客を引き寄せている可能性が高い。

言いなりにならない、相手を尊重するも流されない、軽く見られない、、、

あくまで対等で毅然とした態度を取るってことが大切だと思う。

 

あなたのビジネスは大丈夫?