住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

冬の朝の空気は気持ちいい。でもタバコの煙は迷惑だ | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

朝からイラッとさせられた。

 

最寄りの駅に向かって歩いていたとき、僕の10メートル前をサラリーマンが歩いていた。

何か臭うな、って感じたら案の定、歩きタバコ。

冬の冷たくて澄んだ空気って気持ちいい。でもその気分も台無しになったというわけ。

 

しかも驚くことに、、、
そのタバコを道の側溝の穴に捨てたんだよね。

駅前にはゴミ拾いをしているシルバーさんがいたのに、当の本人は何もなかったかのごとく平気な顔して駅の改札を抜けていったんだ。

 

30分後、、、

会社に向かって歩いて、ちょうど大きな交差点で信号待ちしていたんだ。

横断歩道の向いには、これまたタバコをふかしているサラリーマン。

信号が青になって横断しようとしたその瞬間、タバコを足元の側溝の小さな穴に狙って落としたというわけ。

 

「ホールインワン!」、、、って、感心している場合じゃないよね。

皆に見られているのにも関わらずよく平気でいられるよね。もう意味不明。

 

なぜ、歩きながらタバコを吸うのかな?

しかも、なぜ、ポイ捨てまでするのかな?
そもそも、なぜ、決められた場所で吸うことが出来ないのか?

 

意を決して注意したとしても、こんなこと言われるかもしれないよね。

「うるせえ!」
「周りもやってるんだろうが」
「俺だけじゃない」

 

僕のような非喫煙者はともかく、

マナーを守っている喫煙者からしてみても喫煙者全体がそういった目で見られてしまうことに恥ずかしさを感じるはずなんだが。。。だから喫煙者が注意したっていいとは思わないか?

僕はチキンなので注意なんてムリ。

北斗の拳のケンシロウのように強いならば別なのだが、、、

 

ところで、2020年に東京五輪・パラリンピックが開催される。

厚生労働省がタバコの全面禁煙を原則とする制度案をまとめた。いいことだと思う。

タバコを吸わない人が喫煙者の煙にさらされる受動喫煙を防ぐために、近年の五輪開催都市はすべて罰則付きの対策を講じてきたという経緯があるからね。

 

禁煙は世界標準。分煙が認められている日本もようやく右に倣えといったところ。
僕はこの案に大賛成。だって、仕切りを作れば分煙なら問題ないっていう店があるよね。

せっかくの美味しい食事でも分煙扉付近の席は最悪。扉を開閉すると煙は外に漏れ出すから不愉快になるんだよね。こういった店には二度と行かなくなる。

 

人に迷惑をかけない
人の迷惑になることはしない

 

これは学校の道徳で習ったことだし、子供の頃から親からも言われ続けてきたことではないか。

ビジネスでも私生活でも、ルールに従う、マナーを守る事は社会の一員としての責任だと思わないか?

 

赤信号で渡らない

自転車の二人乗りはしない

道端にツバを吐く

etc。。。

 

こんな些細なことが守れないようじゃ社会人としてどうかな?

って思っているあなたならきっと大丈夫だと思う。