住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

ヒヤッとする出来事がありました | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

「おっと、セーフ!」

いや~ビックリした。

あともう2歩先に進んでいたら、、、

 

完全にアウトだったんだ。

 

これは朝の出来事、いや、事件になっていた可能性が大きい。

会社に向かって歩いていた時、僕の目の前に白い液体が落ちてきたんだ。

 

それも音を立てて「ピチャッ」っと。

見上げたら電線に止まっていたカラスのしわざ。

僕を狙ったとしか思えない(笑)

あなたもこんな体験あるかな?

 

もし、命中でもしていたら最悪。どんな顔して出社したら良いのか考えたくもない。

ところで、こんなイヤなことを吹き飛ばしてくれるgoodニュースがあった。

 

それは、国会で無電柱化推進法が可決されたこと。

ようやく日本での無電柱対策が始まるんだ。

ちなみに、ロンドン、パリ、香港での無電柱化率は100%。東京23区はたった7%なんだって。

 

僕は埼玉県民。家の周りは凄いことになっている。ただでさえ狭い道なのに、電柱が張り出しているおかげで車がすれ違うことができない場所もある。

しかも、その道は小学生の通学路。電柱を避けるために車道側にはみ出ると運転手はヒヤっとするよ。

 

さらに最近、狭い道にムリヤリ歩行者専用の緑道を整備したもんだから、電柱が邪魔して寸断されてるところもあるのんだ。

まったく、意味がわかんないよね。役所のやることは。

あなたの住んでいる街はどんな感じかな?

 

そもそもこの無電柱化は、防災や安全上の対策として期待されている。

たとえば、熊本地震では、電柱が倒れて道路を塞いでしまった。

つまり、僕たちの重要なインフラである道路寸断のリスクが大きいってわけ。

それと、景観を守る、ってこともある。特に観光地だ。

 

どのように無電柱化を進めていくのか?そして、僕の住んでいる街にもいつその恩恵が来るのか?はわからない。

でも、変わろう、変わらなければならない、という国の施策は評価できる。

そう思うだろ?

 

古いものを捨てて新しいものを取り入れていくこと、

固定概念に囚われないで新しい発想にチャレンジすること、

問題を解決してさらに前進していくこと、、、

 

でも、問題はここから。

 

せっかくの素晴らしいアイディアでも、

どんなに優れた提案でも、

行動しなければ意味がない。

絵に描いた餅になってしまうし、まったく価値がないってこと。

 

そうならないためにも、それを動かす人がキーポイント。

これだけの大きなインフラだから、国、県、自治体が一体となって推進していく。

でもこういう場合って、お互いの利益を主張しすぎて前に進まないってよくあることだと思わないか?。

巨額なお金が動くので無理もない、、、

 

僕の会社でも、数人のプロジェクトでさえ、頓挫することだってあるからね。

プロジェクトが上手く行くかどうかは、そのリーダーの考え方、やり方次第ってこと。

いかに、周りの人たちを引き込めるか?だ。

 

ともかく、この無電柱化に期待してる人は多いはず。

僕もその1人。

歩行者や自転車に優しい国になってもらいたい。

そしてなにより、朝からヒヤッとするリクスを減らしてもらいたいものだ。

 

追伸:

電柱がなくなることでメリットがもう一つ。

ゴミ捨て場を狙って電柱、電線で羽を休めるカラスの居場所がなくなるんだ。

ゴミネットがいらなくなるかもしれないね。