住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

合格したいなら本気で持つべきたった1つのこと | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

電車のつり革につかまっている時、目の前に某予備校の広告が目に飛び込んできた。

黄色の目立った広告。そこ書いてあったことは、、、

 

なんで、私が   東大に。  早大に。  慶大に。

合格できた理由は

・自分のペースで進められる「五段階個別指導」

・きめ細かな「科目別能力別授業」

・理解力と解答力の能力を上げる「ダブル教育」

 

テレビCMでもちょいちょい見るよね。予備校名は想像出来ると思う。

今の時季、新学期に向けて、あるいは、受験のやり直しに向けて、学習塾、予備校は学生集めに奔走している。

今がまさにその旬ってことだ。

 

テレビCM、電車内の広告だけじゃない。

新聞の折り込みチラシ、ポスティングチラシも定期的に投函される。

どこの学習塾、予備校も、競合との差別化を図るのは大変だと思うんだ。

 

たとえば、東〇ハイスクールは林修さんといった強烈なキャラの講師を前面に押し出している。

もう、どこを学ぶか?っていうよりも、誰に学ぶのか?で決める時代なのかもしれない。

そう思わないか?

 

予備校の広告で、特徴だとか、実績をアピールすることは当然。

あなたへのサポートは万全、だとか、希望の大学に入るための勉強法はこれだ!ってね。

他塾にはない学習法があるんだと、、、

 

ちょっと待って!

本当にだれでも希望校に合格できるんですか?

その、〇〇指導、△△授業、◇◇教育法ってやつで。

胡散臭いとは思うのは僕だけか?

 

だって、合格できるのは、、、

他の塾よりも優れた教育ノウハウがあるからでしょうか?

優秀な講師が揃っているからでしょうか?

あるいは、一人ひとりのケアが充実しているからでしょうか?

 

こういった塾や予備校は確かに、合格するためのテクニックやノウハウを教えてくれる。それが役目だから。

でも、いくらテクニックやノウハウを教わっても、いくら教え方のうまい講師がいたとしても、それだけじゃダメなんだ。

 

なぜなら、、、

 

必要なのは、テクニックやノウハウじゃなくて、合格したいと思う本人のヤル気。

つまり、主体性だ!

いくら周りが尻をひっぱたいても本人の主体性がなければ意味がない。

その主体性を引き出す原動力となるもの。

それは、真剣に「願望」が持てるかどうか?ではないだろうか?

 

自分の主体性を高め、行動を起こすには、その「願望」を具体的にイメージ出来るってことが第一歩。

たとえば、〇〇大学に入ることで

異性にモテる姿

友達にうらやましく見られている姿

親を見返す姿

将来、公務員、有名企業で働いている姿

etc。。。

 

簡単にイメージできて、頭の中に絵が描ければ、それに向かって超人的なパワーを発揮することができる。

結局行き着くところは、本人の意識次第。

だって、塾や予備校に世話にならなくても一流の大学に合格する人がいるという事実があるんだから、、、

 

塾や予備校はあくまでテクニックやノウハウを教えてくれるだけ。

塾にさえ入れば何とかなるって考えている人は第一志望校に合格できない。

 

もっとも大切な事は、あなたの「強い願望を描けるかどうか?」なんだ。

そして「やってやるぞ!」っていうマインド。

これはビジネスでも同じ。

そう思わないか?

 

ただ漫然と働いていても意味がない。

出世して上に立つ自分の姿

起業して成功する自分の姿

銀行口座に1億円貯まって喜んでる姿

社会貢献で人の役に立っている姿。。。。

 

こういった「願望」を持ててこそ「働く」意欲が湧いてくる。

まず大切なのは目標や願望、さらに、それを頭の中でイメージできるかどうか。

決してテクニックやノウハウではないんだ。

そう思うだろ。

 

あなたの願望はちゃんと頭の中で描けているかな?