住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

最後のツメが甘いともったいない | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

「おっと、もうこんな時季なのか!」

僕のPCに自動車任意保険のメールが飛んできた。

満期が近づいている。

今すぐ更新なら早割がついて断然オ・ト・クとのことだ。

 

なので早速手続きへ、、、

 

ログインして手続きを進めていくと、車の走行距離を入力しなくちゃいけないってことに!

「う~ん、外は寒いし。お風呂に入ったばかりだし、、、」

で、「今はいいか・・・」作業は中止。

 

「更新手続きをしよう!」と、高い購買意欲は持っていたけど、1分後にはその熱は冷え切ってしまった、というわけ。

またそのうちやろう、と気持ちが変わったんだ。

でも結局忘れちゃうんだよね。緊急性ないし。こういうことって、、、

あなたにもこういうことってない?

 

すると2日後、、、

リマインダーを兼ねた更新案内の封書が届いたんだ。

 

またまた、「そうだ、更新しなきゃ!」と思ったのだが、走行距離を確認しに行かなきゃいけない。

結局、週末にやろう!と先延ばしに、、、

 

自動車通勤とかで普段から車に乗っているなら別だけど、僕は電車通勤だから車を使うのは週末だけ。

だから「また今度・・・」になってしまうんだ。

 

日用品でも、保険でも、何でも、誰でも「買いたい」と思った瞬間がピーク。

その瞬間を逃すと、時間が経てば経つほど買わなくなってしまうもの。

あなたもそうだと思う。

 

だからこそ、売り手は相手が「買いたい!」と思った瞬間に申し込んでもらわないとダメ。でないと、一気に買う気が失せてしまうからね。

 

今回の問題は、わざわざ車に行って走行距離を確認しなければいけないってこと。

申し込み自体は、住所や電話番号、車種に変更がない限り手を加える必要はない。ただ走行距離を入力するだけ。

 

でも、これが面倒だってこと。

そのくらいちょっと外に出て確認しろよ!ってあなたは思うかもしれない。

でもそのたった1つの「ちょっとした面倒な」行動がブレーキをかけてしまうのが現実なんだよね。

 

年間走行距離が増えれば保険屋のリスクも大きくなる、ってことは分かる。でも大まかな数字でいいんじゃない?わざわざ証拠を示さなくても、、、

それに僕は無事故無違反のゴールドドライバーだし、、、ね。

これ、僕の勝手な言い分。

 

僕の会社でもB to Bでのネット販売を行っている。

なぜか支払い条件は「着払い」だけ。

諸般の事情でカードも振り込みもダメなのだ。

 

なので、よくお客からはこう言われる。

「着払いじゃ利便性がない・・・」

これも購買機会を逃している、お客の購買意欲をなくさせる原因になっているんだ。

まぁ、どんなビジネスでも、オンラインであろうと、オフラインであろうと、申し込み易さを工夫するだけで販売の成約は増えるのだと思うんだ。

 

ところで、ビジネスとは客の悩みや問題を解決するものを提供すること。

いくら素晴らしい商品であっても、どんなに感謝される商品であろうとも、、、

そもそも、申し込み方法で悩ませちゃ意味がないよね。最後の最後に来て、「マジ!」ってこれはなしだ。

 

自動車保険でも僕の会社でも、手続き方法をもっと柔軟にすれば、一度買ってくれたお客は二度、三度とリピートしてくれるに違いない。

つまり、相手の立場になる。ちょっとしたことに気を配るって大事なことだと思う。このちょっとしたことが売り上げにつながるんだから、、、

 

もしあなたが商売しているなら、実際に自分の商品を購入してみる。試してみる。

きっとそこから色々な気づきを発見できると思うんだ。

でないと、買う側の立場になれないからね。

そうは思わないか?

 

ちなみに、ちゃんと週末に手続きを済ませたんだ。

50日前早割の600円は魅力的だからね。

たった600円だって!?

いやいや、600円もでしょ!