住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

マインド | 埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

会社の最寄り駅に電車が到着するまさに15秒前の話。

「もうすぐ駅だぁ~、会社だぁ~」と思ったその瞬間、

2人左隣に座っていたおばあさんがこう言ったんだ。

 

「あなたたち、足元の荷物が邪魔でしょ。

何のために棚があると思っているの!」

 

で、2人の高校生は「あ、はい!?」

とお互いに顔を見合わせながら一瞬驚いた表情を見せ、荷物を棚に上げたんだ。

 

もう少し詳しく説明すると、、、

朝の時間帯とはいえ、下り方面なので混雑はしていない。

つり革1つおきに人が立っている感じかな。

 

で、そのおばあさんの前に立っている人はいなく、その向こうに背を向けてつり革に手をかけながら2人の高校生が立っていたんだ。

 

その高校生は野球部らしく、大きな四角いボストンバックを足元にどかっと置いていたというわけ。

 

僕はこう感じたんだ。

確かに、おばあさんの指摘は一理ある。

棚が目の前にあるんだから、何も足元に置かなくてもいい。

でも、そんなに通行の妨げにはなっていないようにも見えたんだ。

 

でも、「マジかぁ~」と思ったのが、

棚の真下に座っている人たちのことだ。

 

彼らが持っていたのは部活のバック。それも野球部。

バックの底は思いっきり汚れているはず。

それを頭の上に置かれたんじゃ座っている人はいい迷惑に違いない。

履いていた靴を頭の上に置く感覚と同じだよね。

そう思わない?

 

僕は「余計なおせっかい」を目の当たりにしたんだ。

おばあさんの目の前にバックが置かれて通行の妨げになっていたわけじゃない。かといって、乗車している周りの人が動きづらい感じでもなかった。

足の不自由な方がいるようにも見えなかったし、、、

 

1番の迷惑は、やはり、頭の上に汚いバックを置かれた関係のない第三者ではないだろうか?

もしあなたがその第三者だったらどう思うかな?

 

こういった事は何も電車の中だけじゃない。

 

僕の知り合いに軽いうつ病の人がいる。

その人に言わせると、「頑張る」って言葉は禁句。

頑張れないから悩んでいるのに、健常人から頑張れ、だとか、頑張ろう!って声を掛けられるのが一番迷惑でもあり、余計なおせっかい、ってことなんだ。

 

逆に、「無理しない」、だとか、「頑張らない」ってことが大事なんだって。

 

おせっかいは一歩間違えると相手に嫌われてしまう。

本人は世話を焼く、あるいは、正論を言っていると思っているだろうが、それを受け取る相手、その影響ける第三者のこともちゃんと考えなきゃいけない。

責任を取らない、身勝手な言動はいい迷惑に過ぎないってことなんだ。

そう思わないか?

 

でも、このご時世、なかなか他人に注意することなんて出来ないよね。

逆ギレされて一悶着ってことを聞くから。

そういった意味ではおばあさんには正義感がある。

 

でも、もうひと思案足りなかったんだよね。

とばっちりを受ける人がいるってことを、、、

 

自分では良かれと思った、相手に喜ばれると思ってやっていることが、実はいい迷惑だったってことがある。

僕だけじゃなく、きっとあなたにだってあるはずだ。

 

だから、自分の主義主張に凝り固まらずに、「自分は正しい」という思い込みを捨てるってことを意識しようじゃないか。

同時に、「ひょっとすると間違っているかも?」って考えられるようになることも大事なんだ、と思わないか?

 

とにかく、僕の頭の上に置かれなくてよかった。

高校生の前に座っていなくて良かった、、、だよね。

 

じゃぁ、僕がおばさんだったらどうするか、って?

う~ん、難しいね。実に。

・・・・

・・・・

こんなのはどうかな?

 

「僕の頭の上の棚に置きなさい!」ってどうかな?

さて、あなたならどうする?


テーマ:マインド

スマイルジャパン

 

これは、日本アイスホッケー女子代表チームの愛称。

前回のソチ冬季五輪の予選で、苦戦してる時でも笑顔を忘れない選手たちの姿から名付けられたそうだ。

 

この愛称、聞いただけでなんだか暖かく感じるのは僕だけか?

それと、日の丸に、競技で使うスティックと円形のパックをあしらって笑顔をイメージさせたロゴマーク。

見ただけで思わず笑顔になってしまうのだ。(昔流行ったパックマンにも見えてしまうのは何故だろう?)

 

ま、とにかく、2月12日の予選最終戦でドイツを3対1で破って、2大会連続3度目の出場を決めて、おめでとう!と言いたい。

 

ところで、このスマイルジャパン、笑顔でプレイしよう、どんな苦しい状況でも笑顔で乗り切ろう、とお互いが励まし合った。

笑顔の持つエネルギーって凄いと思わないか?

 

たとえネガティブな事でもポジティブに変えてしまうパワーがあるんだ。

それに、いつもニコニコしている人ってなぜか人を引き寄せる力がある。しかも、パワーをもらって元気になるって感じだ。

 

一方で、いつも腹を立てているようでイライラ感丸出しの人って、近寄りがたいし、関係を築きたいと思わない。

そうだろう?

 

両者の違いはたった1つの小さなことが出来ているか、出来ていないかってこと。

それは、、、

顔の口角を上げるか、それとも下げるか?の違いだけなんだ。

 

口角を下げれば必然と眉間のシワが寄ってしまう。これではマズいよね。

だから口角を上げればいい。

それを意識できるかで、見た目で損をしてしまうんだ。

 

僕の会社にもいつも険しい顔つきの同僚がいる。

笑うときは大声を出すけど、普段から眉間にシワを寄せているんだ。

 

仕事が上手くいっていない?

人間関係が順調じゃない?

忙しすぎて息つく暇がない?

相手が約束を持ってくれない?

先輩からからかわれている?

 

理由はわからないけど、とにかく上司も気をつかっているほど。

何かを指示する場面でも、顔色を伺って「お願いする」って感じなんだ。

おかしいと思わないか?

 

でも、上司が近寄り難くて「得」をしているようにも見えてしまう。

とにかく、アイスホッケー女子代表のように誰からも愛される、応援されるっていいことだ。

それには、いつでもニコニコしている、陽気なキャラでなくてはならない。

 

いつもムスっとしていては、誰からも魅力は感じてもらえないからね。

五輪に向けて選手たちの活躍に期待したいと思う。

 

ところで、会社の業務は個人プレーではない。

個人プレーだと思っていても実際にはそうじゃないんだ。

必ず周りの誰かが支えてくれている。

組織ってそういうものだから。

 

さらに、仕事とは「与えたものが帰ってくる」こと。

 

困ってる人に力を貸せば、逆に困ったときに助けてもらえる

惜しみなく情報与えれば、もっと有益な情報が戻ってくる

利益を犠牲にして尽くせば、何倍もの利益となって返ってくる

アイデアを提供すれば、さらに素晴らしいアイデアを考えてもらえる

 

つまり、普段から相手に何かを与える。

そして良好な関係を築いていなきゃダメだってこと。

 

だから、ムスっとした態度は損をするんだ。

周りの誰も何も与えようとは思わないから、、、

 

とにかく、人は見た目が9割って言われる。

だからこそ、いつもニコニコスマイルで行こう。

何かを与えたいって思われるように、ね。

 

ぜひとも、会社のトイレに行ったとき、鏡に映る自分の顔を見てみよう! そこには今のあなたが映っているから。

これ約束だよ。

 

 


テーマ:マインド

「忘れられる権利」という言葉をニュースで聞くようになった。

過去の犯罪歴の情報がインターネット上にずっと残ってしまう。

人生をやり直すうえで支障があるときに、その情報の削除を求める権利のことだ。

 

裁判で争って削除が認められたとか、社会の影響が大きいから削除は認めない、、、とかって判断は難しいよね。

ところで、あなたはこの「忘れる権利」を上手く使ってるかな?

 

あなたの個人情報がネット上でどうこうって言うことじゃない。

あなたの脳に対するあなたの忘れる権利のこと。

思い出したくないことを突然思い出す、忘れたいのに忘れさせてくれない、、、ってこと。

あなたにもあると思う。

 

なぜだか、良い事はすぐに忘れてしまう。

でも、悪い事はいつまでも覚えているんだ。僕の脳は、、、

なぜなんだろ?

 

僕は定期的に同じ夢を見る。

そんな体験あなたにはないかな?

 

その夢は決まって、大学の定期試験。

出題範囲を勘違いしてしまった。

当然解けるはずもなく、時間ばかり過ぎて、ヤバイ、ヤバイで焦りMax。

、、、といった内容だ。

もちろん、単位を落としてしまったリアルな話なんだけどね。

 

本当に夢の中でリアルに再現される。

そして、「ハッ」と夢から覚めるんだ。

 

一時的に仕事が忙しい、うまくいかない、ストレスが溜まって夢にまで出てくるといった類のものではない。

こういったことは必ず終わりがある。

時間が解決してくれる。

結果がどうあれ、行き着くところに行き着くんだ。

 

だからいつまでも引きずるものじゃない。

そのミッションが終われば夢も見なくなる。

 

大学の定期試験で単位を落とした。

僕の潜在意識の中でまだ完結していないのだと思う。

だから夢に見るのではないだろうか?

脳の記憶がさまよっているのかもしれないな。

 

でも、忘れられないって、まんざら悪い事でもない。

忘れたいけど、逆に忘れてはいけないことだってあるんだ。

それは、仕事での過去に失敗した体験。

 

事故を起こしてしまった

ケガをした

何回トライしてもうまくいかなかった

お客に怒られた(いい意味で!)

 

こういった嫌なことは忘れたいのだが、忘れてはいけない。

同じ過ちを繰り返さないためにも、だ。

 

人間の脳は覚えておかなきゃいけない事はすぐに忘れてしまう。忘れたいことはいつまでも覚えている。

つまり、人間の脳は都合よくできていないってこと。

 

でもこれだけは言える。

過去の行動があなたを作っている

過去の失敗の経験があなたを成長させている

そして、今のあなたが存在しているという事実

ましてや、こういったことが未来のあなたを作っていく

 

今、あなたにとって忘れたいことなんだろう?

思い出させてはいけないこと言ったかな?

 

でも、「失敗は成功のもと」っていう言葉がある通り、嫌な経験はあなたにとっての財産。そして、失敗が積み上がった結果としてあなた自身が存在しているのだから、、、

 

嫌なことを思い出すのは辛いかもしれない。

でもそれを「なにくそっ」というパワーに変える、ポジティブに受け止めてはどうだろうか?

 

イヤなことを乗り越えてこそ、きっとすばらしい未来が訪れるに違いない。

そうは思わないか?

 

 


テーマ:マインド

デパートの子供売り場での話。

おばあさんが孫らしき男の子に話しかけていたんだ。

 

「これ似合うね」

「あら、こっちの方がかっこいいわね」

 

ハンガーにかかった洋服を孫に見せていたんだ。

多分、新入学が新学期のお祝いだろう。

こんな光景はどこでもあると思う。

でも、、、

 

肝心の男の子がどうも乗り気じゃないって雰囲気。

関心がない、興味がないって感じなんだよね。

 

一方で、おばあさんは買ってあげたくてしょうがない。

しかも横では男の子のお母さんが、

「早く決めなさい」

ってイライラしていたんだ。

 

こういうのを見ると昔を思い出すんだ。

僕にも同じ経験があるからわかる。

おばあさんの気持ちが、、、

 

たとえば、ボーナスが入るとたまにはいい洋服を買ってあげたくなってしまう。

子供をデパートに連れて行って好きな洋服を選ばせようとする。

でも結局、親の嗜好で決めてしまうんだ。

 

子供はド派手とか可愛らしい洋服が欲しい。

友達に自慢したいし、目立ちたいからね。

でも、親としてはシンプルでず~っと着れるものを選びたいんだ。

で、結局、あーだ、こーだ理由を押し付けて親が推したもの、あるいは、買わないってことになる。

 

子供としては面白くないよね。

 

で、だ。

買ったとしてもクローゼットに入り放なしってことになる。

子供を持つ親なら1度や2度あると思う。

 

ところで、これは子供と親の関係だけじゃない。

会社の部下と上司の関係とも同じ。

 

たとえば、教育訓練。

今年はこんな能力を身につけよう、だとか、こんな資格を取ろう。

自分が成長するためにも切磋琢磨が重要。

去年よりも今年、今年よりも来年・・・って能力を上げて行かなきゃいけないって事はよくわかってるんだ。

 

でも、当の本人にやる気がなければ意味ないよね。

いくら業務上必要でも、たとえ業務命令であってもだ!

 

やらされ仕事で利益を上げ続けるって難しい。

一時的に仕事が回っても、それは回っているように見えるだけ。そのうちボロが出て、クレーム、苦情につながるんだ。

 

僕も現場作業だからよくわかる。

だって、周りにそういう人がいるからね。

 

だから僕の言いたい事は、

上司目線では、しっかりと部下に思いを伝える。気持ちよく力を発揮してもらうための環境を整えるってこと。

 

部下目線では、自分の能力を上げる、売り上げに貢献する、しかも、仕事が楽しいと思うような働き方を考えて上司に提案することではないだろうか?

 

こういったことがうまく嚙み合わないのは、お互い腹を割って話さないことが原因なんだ。(僕も人のことを言える立場にはないが、、、)

 

冒頭のおばあさんの「新しい洋服」が必ずしも孫が喜んでくれるとは限らない。今までの着慣れた洋服が大好きだってこともある。

 

なので、おばあさんが一方的に押し付けるって事は無しだ。

そして、孫もちゃんと言うべきなんだ。自分の気持ちを、、、

だからギャップが生じたと言うわけ。

 

もし、あなたがデパートの子供服売り場でこんな場面を目撃したときには振り返ってみよう。

 

あなたが上司ならば、部下との関係

あなたが部下ならば、上司との関係

 

人生の大半の時間は仕事に使っている。

だから、もっと楽しく、エキサイティングなことをやりたいよね。

そのためにはお互いが理解し合わないとダメだってこと。

 

そもそも仕事は一人じゃ出来ないし、お互い力を引き出し合うってことが大切だから。

 

あなたはどうかな?

 

 

 


テーマ:マインド

人はなぜ行動しないのだろうか?

それとも、何か制約があって行動できないのか?

僕にはわからないことが多すぎるんだ。

 

2ヶ月くらい前だったかな?

若手女子社員から、ある相談を持ちかけられたんだ。

 

新しいことを始めたい、ってね。

 

具体的には、新しい作り方を考えたいってことだった。

今は先輩から教わった手順通りに作っているけど、もっと工夫を凝らしていいものを作りたいと、、、

 

でも今までの経験から、彼女にアドバイスしても、行動することはなかった。

でも、相談を受けたからには意地悪出来ないし、、、

で、こう言ったんだ。

 

〇〇の文献を読む

△△の特許も参考になる

 

あれから2ヶ月、、、

彼女は何一つ手をつけていなかった。まぁ、これは僕の想定内だったけどね。

 

行動していなかったのは、彼女のやる気が起きなかったから?

それとも、物理的な何かが彼女の行動を妨げたから?

 

たとえば、時間がない、文献を取り寄せるのにお金かかる、パソコンの使い方がわからない(そんなわけない!)、、、

 

いずれにしても行動していなかった事は紛れもない事実ってこと。

よくビジネス書とか自己啓発本にこういったことが書かれている。

 

思考が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人生が変わる

 

つまり、彼女の場合はそもそもの行動する前に必要な「思考」を変えなきゃだめだってこと。

 

誰でもそうだが、新しいことをやってみたい。でも、苦労して無理までして現状を変える必要性はない、ってどこかで思ってしまうもの。

 

結局、マジでヤバい状況になるまで、あるいは、このままだとマズい状況になるとわからない限り、現状に満足してしまうんだよね。

 

まだこのままでいいや、先送りしよう

時間があるときにやろう

 

でも、次から次に仕事が増えていく、さらにさらに先送りになっていくんだ。

あなたもこんな経験あるよね。

 

思考を変えるにはどうしたら良いのだろうか?

やる気を起こさせるには何をしたらいいのだろうか?

 

好きな事だったら夢中になって考えて打ち込めるのだが、、、

 

もっと仕事を好きになってもらう?

でもどうやって??

 

人に行動を起こせるって、永遠の課題だと思う。

僕には彼女に対する答えが見つからなかった。

これ以上のアドバイスもしたくない。

う~ん、ほんとに悩ましい問題だ!

 

現状に満足すると思考は停止する。

あなたならわかるよね。

 

ところで、あなたの行動の源は何かな?