住宅ローンに一生を捧げる人生はイヤだ! 成功を手に入れる中堅ヒラ社員のブログ

埼玉県の中小企業に勤めるヒラ社員がインターネットアフィリエイトに挑戦して成功する物語


テーマ:マインド

2週間で新年度が始まる。

今年度の業績目標は達成しそうだ。

売り上げも利益もそこそこ出てるみたいだから結果オーライってこと。

 

でも、これでいいのかな?って思うときがある。

売り上げ、利益の数字はわかりやすい。白黒ハッキリするから。

一方で、僕の貢献度は数字で表せないから、、、

 

会社は毎年売り上げ目標を設定する。

それに向かって、営業部門、製造部門、管理部門が頑張るわけだ。

 

僕は製造部門だから、「あなたの部門の年間売り上げは〇〇円」って割り振られる。

つまり、これ製造部門の目標。

 

一方で、僕たちのような社員にも「個人目標」という形で降りてくるわけだが、あなたは△△円っていう数字目標じゃない。

 

上司の調整になるが、大抵の場合、たとえば、

・〇〇製品の製法見直し

・△△さんに業務を教える

といったことが上司から指示されるんだ。

 

まぁ、こういった目標でも良いのだが、いまいち達成感というものを味わえない。

だって、部門の売り上げ目標と連動していることがよく見えないから、、、

 

会社の売り上げが達成できたっていう事実と個人目標達成との連携が腹落ちしないんだ。

 

ところで、こういった個人目標は、学校の夏休みの宿題と同じ。

期の初めに終わらせてしまうことも、期の最後の数日間でやり切るってことも可能なんだ。

瞬間湯沸かし器になれば良いのだからね。

 

あるいは、毎日少しずつ行う、というやり方もある。

 

でも、やり方なんてどうでもよくて、目標が達成できてしまえば評価されてしまうものなんだ、って考えると、ある意味適当でいいんだ、と言うことになってしまうんだ。

違うかな?

 

でもほんとにこれでいいのか?と、思わないか?

こんなことになってしまうのは、僕たちが悪いんじゃない。

会社のルール、あるいは、上司の考え方に問題があるのでは?

 

一瞬で終わらせるよりも、毎日コツコツやったほうが色んなことを考えられるし、実力が付いていくのが実感できるし、確実にレベルが上がるんだ、と思う。

 

だから、目標自体が悪いのではなく、そのやり方なんだと、、、

もし、目標達成までの経過が毎日計測できたならいいと思わないか?

1日1%とすると、100日で100%になるわけだ。

そのほうが目標までの道のりがわかるし、達成感が味わえるからスッキリする。

 

自分でコントロールできるから、毎日やってる感が半端ないと思うんだ。

 

たとえば、製品の製法見直しであれば、情報収集のためにもいろいろ調査しなきゃいけない。

毎日、文献を1つ読むという日課にすれば、100日で100件読むことになる。

これって相当勉強になるし、いろんなことが試せるってわけだ。

 

なので、毎日積み上げられるような目標に分解する。

数学の因数分解のように、一つ一つ掛け合わせて行くと最終的な解になるんだ。

 

もちろん、職種、職責によって、それぞれ個人目標は違ったものになる。

でも、毎日の目標に分解することは、どんな形でも可能だと思う。

 

毎日やることで目標の進捗度はリアルタイムでわかるようになる。

しかも、その行動が習慣化されてしまう。

すばらしいことと思わないか?

 

毎日を振り返って反省することが自分を成長させる簡単な方法だ。

年間、あるいは、半期の目標立てるのは大事。

もっと大事なことは、たとえどんな目標であっても毎日の行動計画に落とし込むこと。

 

今の自分の立ち位置がわかってるって安心できるからね。

それに何かあったとき、軌道修正が簡単にできてしまうメリットもある。

 

目標は立てたからといって終わりじゃない。

日々行動することが大事なんだ。

それも日々確認できるような方法で。

 

そう思わないか?

 


テーマ:マインド

単刀直入に聞きます。

あなたは朝型人間、それとも、夜型人間?

 

僕はハッキリ言って朝型。

夜はご飯を食べてしまうと眠たくなってしまう。

それに会社の緊張感が一気に解き放たれる。

だから、夜は集中力が続かないんだ。

 

なので僕にとっては、朝4時半に起きてから出勤までの時間が超重要な時間となる。

 

もちろん静かな部屋で、、、

「このバカげた取引を検証する!」

「悪者たちは大喜びだ!」

「判事とされるこの人物の意見はバカげているし、覆されるだろう!」

などと、Twitterで一方的に攻撃している米国大統領の言動が気になってテレビを見ているわけではない。

 

新聞を読む、本を読む、ネットビジネスについて思いを馳せる、ブログネタを考える、、、

といった、僕にとって創造力が必要なことに使っているんだ。

 

以前ブログに書いたけど、僕が集中できるのは静かな場所。

それに、適度な空腹感がちょうどいいのかもしれない。

だから、僕にとって朝は「はかどる」時間なんだ。

 

ところで、中曽根康弘元首相著「自省録ー歴史法廷の被告としてー」の中で、

“朝と言う時間は1日のうちで1番大切な時で、静かにものを考え、国策を練る厳粛な時である。だから総理たるものは、朝は自分のために取っておかなくてはならない”

 

まぁ、僕は国家の一大事を決めるような立場ではないけど、自分の1日、そして、大事なことを思案するという意味では同じ考え方だと思う。

 

それに他にも朝型人間とって有益な情報があるんだ。

知っているかな?

 

年収400万円未満では朝型人間が3割程度、でも、年収900百万円前後では5割近くが朝型。

しかもだ、年収1400万円では6割以上が朝型という結果があるようだ。

それに、貯蓄額5千万円以上では、朝方が約4割、夜型が約2割。

つまり、朝型の人は夜型の人に比べて、「年収が高く、貯金も多い」ということになる。

 

さらに、会社の経営者たちが朝会なるものを開いて、5時からみんなで本の読み合わせをしているって聞いたことがある。経営者は朝からアグレッシブ、だということ。

 

人にはそれぞれリズムやパターンというものがある。

決して、朝型がいい、夜型がダメだと言っているのではない。

つまり、時間をどのように使うかが大切だということだ。

 

僕にとっては朝型のほうが時間管理がし易い。

なぜなら、僕はサラリーマンだから朝家を出る時間が決まっている。

それまでに終わらせなくてはいけないというプレッシャー。

そのための時間の使い方を自らに課さなければならない。

 

なので、時間を管理しなきゃいけない、ということが自然と身に付くし、満足とか充実感が朝から半端ないんだ。

 

おそらく夜であれば、あともう少し、あともうちょっと、ってズルズル引き延ばして睡眠時間を削るハメになってしまうからね。

ただ漫然と時間を過ごすのではなく、何か目的を持って活動するということが人生を豊かにしてくれるものだと思わないか?

 

1日は24時間しかない。誰にでも平等だ。

だからこそ、自分らしい時間の使い方ができる人に成功の女神が微笑むんだ。

早起きは三文の徳っていう諺もあるくらいだからね。

 

あなたの時間の使い方はどうかな?

 

 


テーマ:マインド

2年連続4度目のワールドカップ杯個人総合優勝を果たした高梨沙羅さん。

オーストリア選手の持つ歴代最多勝記録の53勝に並んだけど、世界新記録の54勝にあと一歩及ばず。

来年はぜひ、頑張ってもらいたい。

 

おそらく、ここまで来るのに想像を絶する苦労があったと思う。

順調な時もあれば、スランプに悩んで落ち込んだ。心の葛藤は凄かったはず。

 

でも、そんなことにはめげない強いマインドがあったからに違いない。

技術や体力も必要だが、それ以上に努力を続けられたってこと、、、

そういう力を持っているからこそ、テレビや新聞で報道されるあの可愛い笑顔が出てくるんだよね。

 

それと、1つの大会で勝ち続けても、常に反省して改善点を見つけ出して次につなげていく、、、

といったことをずっと繰り返してきたのだと思う。

つまり、現状に満足するのではなく、一歩一歩「自分の基準」を上げるようにしてきたから。

そうでもしない限りこんな偉業を達成できるはずがない。

そう思わないか?

 

あの浮世絵師の葛飾北斎も「富嶽百景」を出した75歳のときこう言った。

 

70歳前に描いた絵は取るに足らない。

73歳でようやく生き物の骨格についてわかってきた。

80歳になれば、ますます進歩するだろう。

90歳で奥義をきわめ、

100歳にして神技になり、

110歳では生きているように描けるだろう。

 

しかし、この言葉を実現することなく90歳で人生を終えたのだ。

しかも最後の言葉は「あと5年あれば、本物の画家になれるのに」だったらしい。

この歳を取るごとに進化するプロ意識こそが画家をして真の画家たらしめる「基準」というわけだ。

 

だが僕たちのような普通の人間が基準を上げていくにはどうしたらいいのか?

高梨さんのように強敵に囲まれていれば話は早いのだが、、、

 

その答え、僕はこう思う。

周りからの刺激を吸収する、意識的に影響を受けにいくってことしかない。

たとえば、、、

 

同年代、同世代の交流会で友達を作る

セミナーや勉強会に参加する

その道のプロを手本にする

先生、メンター、師匠から指導を受ける

マネジメントであればピータードラッカーの本を読む、、、

 

こういった体験があなたの「基準」を押し上げるのに役立つはず。

ぜひ、参考にしてもらいたい。

 

努力の女王、高梨さんにはこれからも頑張って欲しい。

新記録の達成は誰でも待ち望んでいること。

でも僕たちが本当に評価しなければならないこと

それは、、、

 

その結果よりも、今までやってきたその行動

ではないだろうか?

 

たとえ上手く行かなかったとしても、

成功できなかったとしても、

自分を見つめ直すことの出来る人が強くなれるに違いない。

 

高梨さんはいつも謙虚にこう言うんだ

「今日の課題を自分の中で見直して、明日につなげたい」

つまり、一歩一歩基準を見直していくってことなんだ。

 

真の努力家って、常にこういう思考を持った人のことを示すんだよね。

 

そう思うだろ?

 


テーマ:マインド

「誰か分かる人いる?」

「は~い」って率先して手を挙げたのは遠い昔のこと。

 

幼稚園、小学生までかな?

 

何かの役割、担当を決める、授業中の質問に答えるとき手を挙げた記憶がある。

でも、歳を取ると段々そんなことはしなくなる。

なぜだろうね?

 

中学、高校生になると、指されないように前の席の人に隠れて先生と目が合わないようにしていたものだ。

手を挙げて失敗するのが恥ずかしい、とか、面倒なことには関わりたくない、だとか、間違って笑われるのがイヤ、、、だから。

 

何かと周りの目を気にしてしまう。

変な意味でプライドが働いてしまう。

きっとあなたもそうだと思う。

 

会社の打ち合わせや会議の場でも同じ。

「〇月〇日までに△△をしよう」

で、、、「誰がやる?」

 

こういった時は決まって静かな時間が流れるんだ。

時計の秒針の音だけが聞こえるような、、、

みんな目を合わそうとしないんだ、これが!

(まぁ、こう言うのも何だけど僕もそうなんだよね)

 

ところで、あなたは先頭に立って手を挙げるタイプ?

それとも、周りをうかがうタイプかな?

 

ビジネスでは、初めから上手くいくことなんて滅多にない。

上手くいくとわかっているなら成功者だらけになってしまうし、そもそも頭を使う必要がないから、社員がやることではなくなってしまうと思わないか?

 

僕たちは社員であるがゆえ、知的な働き方をしなきゃいけない。考えて、考えて、やり抜くってこと。

それが、個人の能力を高める、会社の業績につながっていく。さらには、他社にはない強みとなるのだから、、、

 

だからこそ、

いろんなことに挑戦する

誰もやらないことに挑戦する

他社ができないことに果敢に挑戦する

っていうマインドが大切なんだと思わないか?

 

僕の会社には、ポジティブシンキングな女子社員がいる。

どんなことでも手を挙げる、いろんなことに顔を突っ込むのが好き、思った事は何でも口に出してしまうって感じの女の子。

 

ある時、その理由を聞いてみたら、、、

「場のウジウジ感が嫌い。誰もやらないなら私がやる!」

って言ったんだ。

 

これって、スゴいと思わないか?

これがある意味、彼女の強み。

彼女は後々のことなんて考えちゃいない。

とりあえずやってみて、結果は二の次。

 

試行錯誤すれば、たとえ回り道になったとしても、最後には目的地にたどり着けると思っているんだからね。

つまり、試行錯誤が成功につながる、と信じているんだ。

 

確かにその通り。(こんな僕が言うのもなんだけど、、、)

「失敗は成功のもと」と言われるように、失敗を繰り返すからこそ、それが肥しになって自分が成長できる。

チャレンジするような行動を起こさない限り、人間は進化できないってこと。

つまり、「ヤル気」だ。

 

出来ることがあればとにかく何でもやる。

周りがなんと言おうとも、一度目標を決めたら一直線に走り出す。

行動しながら軌道修正。失敗したらやり直せばいい。

困難に屈しない強い情熱さえあればいい、ただそれだけのこと。

 

彼女のようにね。

 

彼女の率先垂範は社内でも評判がイイんだ。

このままだと、僕の存在価値が、、、

「ヤル気」ON。 これっきゃない!

 

 

 

 

 

 


テーマ:マインド

いいえ、僕は24時間も戦えません。

あなたは?

 

会社の最寄り駅のマクドナルドで気付いたことがあるんだ。

それは、、、

いつの間にか24時間営業じゃなくなっている!?

看板に大きく書かれた「24」の文字が消されていたんだ。

2年位前だったと思うけど、店中の喫煙スペースがなくなったし、今度は24時間営業ではなくなってしまった。

 

今、いろいろな業界で営業形態とか営業時間が見直されている、って聞くよね。

ファミリーレストランのロイヤルホストでは2月から24時間営業ではなくなった。

「ガスト」や「バーミヤン」でも半数の店舗で営業時間が見直されたんだ。

 

午前2~7時に来店したお客の数は全時間帯の1%にも満たない、、、といった調査結果からもしょうがないこと。

会社にすれば、混雑する昼間に資源を集中投下する方が合理的だと考えるのは当然だ。

店側の人手不足で労働力の確保が難しいっていうのもあるし、

違法残業だとか、ブラック企業だとかで、働き方が問題になっているから、、、

 

僕がもっと若かった頃は、深夜にファミレスに集まることが多かった。

でも今は、情報通信が発達しているし、特にSNSがあるから、いつでも、どこでも、好きな時間にコミュニケーションが図れる時代だ。

わざわざファミレスに行く必要もなくなったというわけだ。

 

ところで、政府の働き方改革会議では年間の残業時間は720時間までと決まった。

まぁ、働きたくない人にとってはいいかもしれないけど、働くことが好きな人にとっては障害にしかならないかも?

でも、こういったルールの見直しは、ことの本質を考えるいい機会だと思う。

 

つまり、「時間」というものについて、「常識」や「良識」を再認識させてくれる、ということだ。

たとえば、、、

 

家族との絆

自分の成長

友人知人との関わり合い

命の大切さ

etc。。。

 

事実、こういったことにどうやって時間を使っていけばいいのか?

しかも、これらのことを考えたり、行動するためにも時間は必要だよね。

そのためにも、一旦立ち止まって、振り返る余裕がなければダメだと思う。

 

僕は幸いにして、ほとんど残業がないから、毎日2~3時間は家で自分の好きな時間の使い方ができていると思っているし、満足している。

時間があるからこそ、色んなことにチャレンジ出来ているんだ。

あなたはどうかな?

 

時間っていうのは永遠のテーマだ。

だからこそ、タイムマシンで過去と未来を行ったり来たりを研究したり、

生産性を2倍にしたいから自分のクローンが欲しい、

あるいは、猫の手が借りたいどころじゃなくて、自分の腕がもう1本欲しいだとか、、、

 

夢のような話は置いておいて、まぁ、ITの進歩でオートメーション化がより進んだし、生活がより便利になった分、僕たちの日常はより忙しくなった気がするんだ。

情報の量が半端ない。そのためにも情報を取捨選択していかなきゃいけない、って。

だから、もっと時間が欲しい。

あなたはどうかな?

 

ここで、僕の最近のお気に入りの「時短」ツールを紹介したいと思う。

それは、音声入力機能での文章作成。

 

iPhoneを使えば、1回40秒まで音声を文章に自動変換できてしまう優れもの。

しかも、1,000文字程度ならば、7回も繰り返せば終わってしまう。

ちなみにこのブログも、iPhoneで音声入力した文章をブログに貼り付けているだけ。

多少の誤字脱字を修正することは必要だけどね。

超便利で、もう驚き。オススメだよ!絶対に。

 

大切なことは、限られた時間の中で人生はどうあるべきか?

ただ漫然と生きるのではなく、夢や目標に向かって突き進む。

そのためにはどのように時間を使うか、ってことだと思う。

、、、という考えをしっかり持たなきゃいけない。

 

一日は24時間しかない。

だからと言って、24時間働くってことじゃない。

 

最短で目標に到達出来ように、より効率的に、より生産的に24時間を使うってことなんだ。

だからこそ、もっと時間と真剣に向き合おうではないか!

 

時計の針は戻らない。

あのときやっておけばよかった、、、と後悔しないためにも

あなたの時間は正しく使われているかを確認してみてはどうだろうか?